ELITE PRIA PAVE


ジャーナリスト視点でのインプレッション

皆さん、ボトルケージ(ゲージじゃなくケージですよ)の選択基準て何でしょう。ボクの場合は、見た目のカッコ良さ、ボトルの出し入れのし易さ、しっかりしたホールド、重量、そして価格といったところでしょうか。

そこで白いトップフュエルに合わせて手に入れたのがこれ。ELITE PRIA PAVE。一般的なボトルの直径74㎜用だが、70〜76㎜までをダイヤルで調整できるのがポイント。きつすぎると出し入れがしにくいし、緩すぎるとボトルを落としてしまうこともあるが、このダイヤルでホールドを調節できるのでとても便利。

ボクの場合は、長距離を走るときは2本目のボトル用として、ダウンチューブの下側に取り付け、ホールドをきつくして使用。山を結構なペースで下って来ても、ボトルを落とすこともなかった。

素材はグラスファイバー強化ナイロンで、重量はボルト別実測42グラムと軽量。価格も1799円と手頃。因みにボクはカーボン好きだがボトルケージはさほど重量が軽くなるわけじゃないのに高価と、コストパフォーマンスが悪いので選択肢にはぜったい入ってこない。

report: いしわたり康
photo: The Bike Journal
date:2011.11.21