Giro LX LF

どんな製品?
Giroのグローブラインナップ中で、高級ラインに位置するフルレザー製グローブ。LX LFの名称は意味こそ公表されていないが、Luxury Long Fingerの略と思われる。全面に羊革を採用しながら、基本的な形状はファブリックモデルを踏襲している。親指部分には汗拭き用のウール素材、内側にはファブリックモデル同様のジェルパッドが入る。


ジャーナリスト視点でのインプレッション
このグローブ、日本には正規導入されていないがショートフィンガーのLXと合わせて実は隠れた逸品である。グローブとして最も重要なつけ心地が非常に良い。ファブリックではあり得ないレザーならではの心地よさ。明らかに高級な羊革が使われており、一流ファッションブランドのグローブで言えば、3万円、5万円といった値段のつくグローブとなんら変わりない滑らかさ。知る限りではこれ以上に素晴らしい装着感のレザーサイクリンググローブを私は知らない。

セミアニリン系塗装の羊革なので、チェーンオイルなんかが付くとアウト。二度と元の純白に戻る事はないし、洗濯も出来るだけ避けたい所。ロードでもオフロードでも使えるがオフロードで使うと汚れるのは必至なのでキレイに使いたいならオフロードは避けるか素直に黒色を選ぶべき。勿論、革グローブなので蒸れる。

速くてナンボというサイクリングの世界と対局に位置するグローブだが、個人的にはこういう世界の自転車も好きだ。CAPOの高級ファブリックジャージ(日本未導入)に、このグローブの組み合わせで走ると通っぽくてカッコいいと思う。
 
 

report: Kenji Nanba
photo: Kenji Nanba
date:11.11.20