どんな製品?
パークツールのチェーンクリーニングツール。縦方向と横方向の合計4種類のブラシでチェーンを掃除して更にスポンジで細かい汚れを洗い落とす仕組み。使用方法はチェーンにツールをセットして、専用のチェーンクリーニングケミカル(シトラス系なので環境に優しい)を注入してチェーンを逆回転させるのみ。

ジャーナリスト視点でのインプレッション
チェーン掃除など「灯油シェイク」(チェーンを外して灯油を入れたペットボトルに入れてシェイクする)で良いではないか。という意見も聞かれるが、個人的にはサイクロンで掃除した方が簡単だと思う。何故ならチェーンを外さないで良いから。
使用方法は前述の通りで至って簡単。幼稚園児でも5分もあればチェーンをキレイに出来る。文章で説明しても説得力が無いので写真を掲載してみるとこのようになる。(特に演出は行っていません)

使用前

使用後

このサイクロンCM-5は、底部にマグネットが装備されていて一度ブラシした汚れがマグネットに吸着される点も評価したい。プラスチッキーなツールなので落とすとすぐ壊れるので取り扱いには要注意が必要。
純正の柑橘類由来のシトラスチェーンブライトCB-2でなくても奇麗になるが、純正の価格にも性能に不満がある訳ではないので素直に組み合わせて使って良いと思う。使用前と使用後ではチェーンをちょっと回転させただけでも解る新品のようなチェーンの感触が味わえる。チェーンブライト1本で7回ぐらいは掃除出来るのでチェーンクリーニング1回当たりのランニングコストは凡そ150円。10回乗ったら一回掃除するぐらいの感覚でチェーンクリーニングを行えば、スプロケットやチェーンリング、チェーンの寿命も伸びるのでトータルでは気持ちよく乗車出来るだけでなく安上がりで済むだろう。
同様の製品がPedrosやBBBなどからも出ているが、どれを使っても十分にキレイになる一方で個人的にはParkToolのチェーンクリーナーが一番使いやすいので好きだ。

report:Kenji Nanba

photo:Kenji Nanba
date:2011.12.06