ツール・ド・フランス2012注目のバイク達


先程開催されたツール・ド・フランス2012のチームプレゼンテーションをバイクに焦点を絞ってレポートする。まず、2年ぶり3度目の出場となるTEAM EUROPCARの新城幸也は、コルナゴC59の新しいグレード、C59 TEAM EDITION。ペイントスキームが変更されただけの様にも見えるがコルナゴから正式な発表は名称と写真のみしか公表されていない。コンポーネントはCampagnolo RECORD EPSでホイールはHYPELON ULTRA two。


ジロを制したライダー・ヘシャダル(GARMIN SHARP)はサーベロS5にSHIMANO 7970DURA- ACE Di2。ホイールにMAVICのCOSMIC CARBON ULTIMATEが装着されているがデカールが変更されている。


マーク・カベンディッシュ(TEAM SKY)は、ピナレロのドグマ2に、DURA-ACE 7970Di2のコンポとホイール。


ビンセント・ニバリ(Liquigas Cannondale)は、キャノンデール SUPERSIX EVOに、同じくMAVICのCOSMIC CARBON ULTIMATE。コンポーネントはSRAM RED2012。


リーバイ・ライプハイマー(OMEGAPHARMA QUICKSTEP)は、スペシャライズド S-WORKS Tarmac SL4にSRAM RED2012とZIPP404 FIRECREST(チューブラー)。


フランク・シュレク(RADIOSHACK NISSAN)は、一昨日発表されたばかりのTREK Madone7にDURA-ACE 7970Di2とBontrager AEOLUS 5(チューブラー)


ファビアン・カンチェラーラ(RADIOSHACK NISSAN)は、何故かTREK DOMANE6に乗って現れた。ツールもDOMANEで走る気なのだろうか?紐好きで知られるカンチェラーラなのでコンポーネントも紐DURA-ACE 7900で、ホイールはBontrager AEOLUS 5。


そしてディフェンディングチャンピオンのカデル・エヴァンス(BMC)は、BMC SLR01。今年もIMPECは使わないようだ。コンポーネントはDURA-ACE 7970 Di2。ホイールはEASTON EC90SLX。何故かステムにアルミのEA70が装着されている。


興味深いのは、ARGOS SHIMANOですら全員が7970Di2に乗って現れたことだ。9000系DURA-ACEが既に発表されているが、今年のツールは全員が7900系DURA-ACEで走るのだろうか?理由は謎であるが、11速と10速が混ざってサポートカーが混乱する事を避けるための処置なのかもしれない。

なお、ツール・ド・フランスのレース自体のレポートは専門の媒体でお楽しみください。
 
 

report:Kenji Nanba
photo:Kenji Nanba
date:12.6.28