レースで使うスカルペル29ER

スカルペル29を使用した今回のレースはエクステラ。エクステラとはスイム→MTB→トレイルランを続けて行うオフロードトライアスロン。通常のMTBレースとは違い、強烈なアタックや1秒を削る為の攻めるラインの選択はしないものの、巡航スピードはジャパンシリーズのエリートクラスで完走できる程のスピード。ランに足を残しつつ最速なライディングが必要となってくる。

まず、なぜスカルペル29で戦おうと思ったのかというと、26インチに近いペダリングの軽さがあったから。段差の乗り越えや巡航スピードの高さなど29インチのメリットは十分に理解し経験しているが、それ等のメリットが浮き上がる前にペダリングの重さが気になってしまって、それをデメリットとして感じてしまっていた。26インチに近いペダリングフィールとでも言おうか。特に気に入った点はゼロスタートでも中速域から高速域までのペースアップでも29インチ特有のグワ〜ングワ〜ンとした1テンポ遅れたようなクランクの回り方をしなかった。

シャキシャキとしたクランクの回り方をするが、意外にもフレーム自体の剛性は決して高いものではなく、林道のようなサスペンションで拾え切れない周波数の振動で常にバイクが細かく震えているような状態でも、腰を据えてペダリングできる。これはリアサスペンションがあるか無いかではなく、フレーム自体でショックを吸収しているかどうかによる。

しかし、リアショックを効果的に動かすためには剛性も必要となってくるが、この部分をリアホイールをスルーアスクルにして、ピボットレスにする事によって問題を解決している。サラっと簡単に書いてしまったが、この2点がもたらす恩恵は計り知れない。ロックセクションでリアショックが存分に動く状態の時に、リアバックが捩じれてしまって、その反動でハンドリングが安定しなくてラインを外してしまう事もあるが、スカルペル29ではサスペンションに対してしっかりと垂直に動いているのが低速時でもわかった。ペダリングフィールは柔らかいが、リアバックの剛性は高い。リジットフレームのような塊感があるのでリアショックのロスが気になるライダーには打って付けだろう。

昨今の29インチの流れに洩れずスカルペル29もヘッドチューブ付近は極太、いや鬼太といえるほどに太い。ダンシングで膝が当たってしまう場合もあるかもしれないが、慣れれば問題ないレベル。この鬼太ヘッド付近によって剛性が高められ、レフティーの少しフワフワした感じがハンドリングが相殺されてビシっと1本の筋が通ったハンドリングが現れた。新型レフティー自体が良くなったというのもあるが、今まで以上にフレームとの相性、バランスが取れているように思う。

気になった点といえば、ハンドルの高さ。レフティーを使う上でどうしても避けられないが、今回はライザーバーを逆さにしてポジションを出した。実は1996年位に乗っていたMTBでもポジションが出なくて、ライザーバーを逆さにしていたので実に16年ぶりの復活??。ステムの取り付け個所や方法等を根本的に変更して低いポジションが安易に出せるようになったらもう言う事はない。

29インチにフルサスペンションと、今まで乗ってこなかったジャンルのバイクをレース僅か1週間前から乗り始めたのにも係らず、身体にマッチしてベストなライディングが出来たという事は、ジオメトリーはもちろん、バイクの素性がしっかりしている事に他ならない。やはり、マウンテンバイクから始まったブランドであり、長年続いているスカルペルは蓄積されてきたノウハウが十分に生かされている。


 
 

report:小笠原崇裕
photo:Kenji Nanba
date:12.10.13