フランク・シュレク、1年間の出場停止が決定

2012年のツール・ド・フランス期間中に、ドーピング検査でごく微量の利尿剤キシパミドがフランク・シュレク(Radioshack Leopard Trek)の尿検査で検出された問題で、ルクセンブルグ・アンチドーピング機関(ALAD)は先程、フランク・シュレクに対して1年間の出場停止を言い渡した。

ルール上では、最大2年間の出場停止があり得るが、この件に対して、ALADでは「検出量がごく微量であり、何らかの方法で誤ってキシパミドを飲んでしまった可能性が高いため、出場停止期間は1年とする。」と発表している。

出場停止期間はフランク・シュレクがテストを受けた2012年のツール・ド・フランス期間に遡り、2012年7月14日から本年7月14日となる。よって、フランク・シュレクの本年のツール出場の可能性は現時点では無くなった。

度重なる審判延長の上でのこの裁定を受けて、フランク・シュレクは下記の様にコメントしている。

「もちろん、裁定が発表されて失望している。理事会は私が何らかの原因で誤って口にしたという事を認めていながら、1年間の出場停止とは厳しすぎるとしか言いようがない。
UCIのルール上ではこのような、望まれない薬物の摂取(食物汚染など)に対して出場停止と言う裁定しか出す事が出来なくなっている。
この先の行動については裁定と内容を考えた上で行って行く事になるだろう。しかし、ALADが、私が嘘つきではない事を公式に認めた事は、私自身、家族、チーム、そしてファンにとって非常に大きい。」

フランク・シュレクには、CAS(スポーツ調停裁判所)に対して訴えを起こすオプションが残っている。

検出薬物は違えど、一般的には食物汚染が原因であったと考えられる(ドーピングを目的とした薬物摂取にしては検出量が少なすぎるため)、昨年のアルベルト・コンタドールや中国の李富玉の件などと合わせて、アームストロング氏の件とでは事情が大きく異なる事だけはここに記しておきたい。
 
 

report:Kenji Nanba
photo:Kenji Nanba
date:13.1.29