Fulcrum 新型ディスクホイールをキャッチ
Exclusive:Fulcrum all-new “Racing Speed Disc” has spotted.


先日既報済みのFulcrumがこの春発表する新型ディスクホイールをTHE BIKE JOURNALでは発表前に実物を手に世界に先駆けて取材する事に早くも成功した。情報源から与えられた900gとの情報通り、重量は実測で約900g。
Lightweightの780、Zipp Sub-9の995gとの中間的な重量に落ち着く模様だ。正式名称はRacing Speed Disc。

構造は、Zippのようなハニカム内蔵タイプではなく、基本的にはホイール自体をディスクの円盤で支えている。ただし横から叩いた印象では、ディスクのロゴが貼ってある辺り、つまり60mm程度の外周部にはフォームが挿入されており、またハブ付近にも何かの構造物が入っているように感じられた。

ベアリングシステムはCULTセラミックベアリング。試乗はかなわなかったが、手にもって回した感覚では標準状態のZipp Sub-9より回転抵抗は少ない。

リム&ディスク形状は流行の太リムタイプとはならず、コンベンショナルな設計だ。リム自体はRacing Light Carbon XLRと同じリムを採用しているように見られた。 Campagnolo版ディスクホイールも基本的な構造は同じものとなるだろう。正式なデビューはジロの初日となるのではないかと思われる。

Exclusive:Fulcrum all-new “Racing Speed Disc” has spotted.

THE BIKE JOURNAL has spotted all-new Fulcrum’s Disc Wheel. Almost same detail as Campagnolo’s prototype wheel which has spotted in last Tour de France. New disc wheel name will be Racing Speed Disc.

Targeting weight will be about 900g. 100g heavier than Lightweight’s disc but 100g lighter than Zipp’s Sub-9 Disc. Rim is not wide shape which currently in trend. Construction is not similar to Zipp or Lightweight. This wheel supporting its stiffness by carbon disc itself, not by honeycomb form or carbon fiber spokes. But it seems to have form around outer side of disc. Shimano’s 11 speed available. Campy’s rumored “Bora Ultra Disc” will have same feature of this Racing Speed Disc. Official launch of this wheel will be first day of Giro de Italia, we guess.
 
 

report:Kenji Nanba
photo:The Bike Journal
date:13.2.13