小笠原崇裕が乗るLEXUS F SPORT

Vol.1をまだご覧でない方は、コチラからご覧ください。

「おっっお~~すっげ~!」てな感動的な今までに感じた事が無い暴力的ともいえるような加速や走りの軽さがあるのかと思いきや、走りそのものは極々普通。

その普通ってもののレベルがツールを走るチームに供給されるバイクメーカーのエンデュランスバイクのセカンドグレードって感じの普通。つまり、至って普通。

なぜエンデュランスバイクと書いたのかというと、ヘッドチューブが長いジオメトリーはもちろん、ペダルを踏み込んだ際の脚への当たりが非常にマイルドで、ボリュームが十分にあるBB周りから想像できる硬さではないからだ。ダウンチューブのLEXUSのLの字辺りから捻じれる感じが出ており、BBのウィップが大きく出るのでウィップを使ったペダリングが合う。

踏み込みを強くしてみると、BB周辺が捻じれて行った最後の辺りで芯があり、そこで跳ね返ってくるが、ここまで踏み込むとヘッドチューブにまで捻じれが到達してしまって柔らかいフォークのせいもあってかハンドルの向いている方向がブレてしまった。この事から、トルクフルな走り方よりも、ケイデンス高目の回転で走るのが向いている。踏み出し時の柔らかさとは裏腹に、加速感は非常に良い。

これはリヤバックの作りが前三角と比べて剛性を若干高くしているためと思われる、BBが捻じれた際の最後の芯に行く手前までのケイデンス高目のダッシュなら反応性も良い。

ギアを掛けてのダッシュになると、リヤバックの剛性と柔らか目の前三角~フォークの繋がりが悪く、ヘッドチューブとフォークの剛性不足で、前輪のタイヤの空気が少ないのかな?って感じの前輪が沈み込むようなロスを感じてしまった。これはブレーキングでも表れてしまい、ペダルでバイクを路面に押し付けてブレーキングフォースを稼ごうとしても、フォークが手前側にたわむだけではなく左右にもブレてしまうのでフロントブレーキの性能を100%出し切るまでブレーキレバーを握る事が出来なかった。特にフォーククラウン周辺が柔らかかった。

とはいえ、レースでは無く、マイペースでのライディングくらいでは前輪に極端に加重したようなダンシングをしたとしても、ヘッドとフォークの剛性が足りないと不満には感じないだろう。あくまでもレーサーのスプリント、ブレーキング時での事。

乗り心地の点では、パヴェバイクと比べたら比べ物にはならないが、感覚的にはキャノンデールのスーパーシックスEVOに似た乗り心地の良さがある。不快なほどの「ゴツン」とした衝撃ではなく、「コン」という減衰の効いた振動が伝わってくる。これはフォークもリヤバックも同じ様な特性で、ライダーがバランスが良いポジションで乗っていたならば手とお尻に大きく変わらない周波の振動が伝わってくる。

踏み味、乗り心地ともに、バリバリのレーサーではないという事が分かっていただけたと思う。私自身、試乗する前まではレーシーな味付けだと想像しており、試乗前に開発担当者と話をしてみたら「長距離を快適に」と言われたので、頭を切り替えて試乗してみたら「なるほど、コンセプトが具現化されている」と率直に感じた。

もし、もしも、このバイクをレースで使用するならば、トライアスロンやロングのロードレース、耐久レースだろう。加速感の良さが登りでも発揮されているのでヒルクライムレースにも。感覚的にはBMCのインペック、TIMEのRXRS ULTEAMに似た乗り味なので後半に足を残したいとか、耐久レースで第1集団でゴールしたいとか、アベレージスピードは高いが上下動が少ないレースではこの脚への当たりの柔らかさは武器になる。

気になる所と言えば、アッセンブルだろうか。アッセンブルされているパーツ全てが質実剛健な物ばかりで、メンテナンス性や耐久性という事を主眼に置いているように思えた。シートクランプ一つとってもそう感じさせる物で、もっと軽くてスマートな物があるよね?と。タイヤはイメージ的にもコンセプト的にもパナレーサーよりもベロフレックスとかコンチネンタルにチューブだけパナレーサーのR-AIRとかが似合いそうだし、シートポストのやぐら部分のアルミの安い感じが出まくりだとか、ディレイラーハンガーに色が塗って無いとか、BB周りのアルミスリーブがアルミ地の剥き出しのままだったりとか、あのLEXUSだからこそ注文を付けたくなる細かな部分はあった。

LFAの名を使用するのなら、この先にフレームから完全に作り出す事が求められるだろう。現時点の無垢のフレームに塗装とアッセンブルと組み付けに拘りましたでは自転車マニアの心には響かない。マーケティング活動の一環と、アッと驚いて一目置くぐらいのバイク、のバランスがどこまで後者の驚くバイクに持って行けるか。
あくまでもマーケティングの一環に徹するなら今のままでもLEXUSを知っているがロードレーサーを知らない層にはウケうかもしれないが、少しでも自転車の世界に片足を突っ込んで知識を得ていつつLEXUSにも興味がある層には厳しいだろう。

走行性能云々よりも、まずは本気だっていう魂を見せて欲しい。100%自社でフレームを作りましたって所が本当のスタートラインだと私は思っている。

コンポの世界ではシマノが世界に名を轟かせ、世界のハイエンドカーボンプリプレグの大半を生産し輸出する日本であるのに、日本には世界の最先端大手ブランドがレース&市販バイクの主戦場で鎬を削る中に入って行ってガチガチに戦える国産カーボンバイクが存在しない、だから私は日本が誇る世界有数の企業であるトヨタの本気が見たい。今後に大いに期待をしている。
 
 

report:小笠原崇裕
photo:The Bike Journal, Kenji Nanba
date:13.6.16