DURA-ACE 9070Di2は唯我独尊コンポなのか?
小笠原崇裕が語るDURA-ACE 9070Di2


9070Di2は取材などで何度か乗ったけど、難波さん含むバイクジャーナル関係者と一緒に居る時に乗れた事がなかったので写真がなく困っていた所、LEXUSバイクが9070 Di2を装着していたためようやく試乗している写真が撮影出来て、インプレを書ける事になった。

で、肝心のインプレッションだが、ぶっちゃけ7900→9000への進化と比べてしまうと7970→9070の進化はマイチェンですか?程度にしか感じなった。確かに、変速スイッチの併用、多段変速、より細かなセッティングとかゆい所に手が届いてはきたが、7900→9000の異次元とも言える進化の前では影が薄くなっている感は否めない。

というのも、多くのライダーが絶賛するブレーキフィーリングの向上、これは私も納得。ブレーキタッチやフィーリングというものが物凄く大切にされるマウンテンバイクのディスクブレーキと比べると、今までのシマノのブレーキは「早く止まれればOK」的なものであったが、9000では当て効きやロック寸前でのコントロール性を突き詰めて仕上げてきた。

そしてほとんど話題に上がってきていないが、クランクの踏み味が柔らかくなっているように感じる。正確には時計でいう2時辺りの一番トルクが掛り始める時の脚への当たりがソフトになっている。
今までは脚への当たりが「アルミです。カキーン」と大きく主張してきていたが、9000では「アルミにもカーボンっぽさが少しあるでしょ?」みたいに極々僅かな優しさが感じられる。とはいってもそこからトルクをかけて踏めば7900と何ら変わらない、いや、踏んだ時の剛性は更に高いので柔らかくなったとは感じないだろう。

個人的にはクランクはガチゴチの高剛性の物よりもこの9000のように若干の優しさがある物が好きだ、
高剛性のフレームに高剛性のカーボンソールシューズと組み合わせて行くと硬いだけのバイクになってしまう。
この事をシマノ内部の人物に聞いたところ、ニヤリと笑いながら「5アームから4アームにした事によるゴニョゴニョゴニョ・・・」と核心は濁されてしまったが意図的なものかもしれない。

この2点の進化が大きすぎて、9070の進化具合がマイチェンとしか感じなかった。シマノさん御免なさい。
とはいえマイチェン後(←重ねて御免なさい)の進化は感じるところもある、変速時の振動というか、滑らかさが7970と比べて良くなっている。

7970ではリヤの変速時に「ガタン」と結構な振動を感じる事があった、ワイヤータイプではワイヤーを引いたり緩めたりするので少なからず抵抗があったのでディレイラーの動きがワイヤーに影響されてDi2よりも僅かに変速が遅く滑らかだった、これが良い方向に働いて変速時の振動が少なかった。それがDi2ではディレイラーがチェーンの抵抗しか受けていないので正確無比に変わり過ぎてしまいガタンと脚に響いてきていた。これが9070になってからは10速から11速になり歯と歯の間隔が狭くなった事もあってか変速の瞬間の振動がかなり減っている。

ワイヤーなら、ペダルを踏むパワーを緩めつつ変速動作を上手く合わせてやると音も無く振動も無く変速するが、7090Di2ではペダルを踏むパワーを緩めて変速しても「ガタンガタンガタン」ってな感じで振動させながら変速していた。9070ではワイヤーに近い滑らかな変速がある、人間側が完璧な変速に全て合わせなくともDi2が半分は行ってくれる。

組み付けや、調整といった点では他にも大幅な進化があるのかもしれないが、あいにく自分では組んでないのでこの点は何も語れない。デュラエースDi2の2代目ということで、カンパのEPSが苦戦しているのを尻目に初代がカンパEPSに負けていた点を徹底的に潰して、EPSがとても追い付けない?所にまで到達してしまった9070Di2は、マイチェン(←重ね重ねすいません)的な進化だが、現世において唯我独尊の域に達したのは間違いない。

きめ細やかなアフターサービスや、そもそもなかなか壊れないシマノ。9070Di2、9000、自分の用途に会わせてどちらを選んでも間違いない。

関連記事

速報:9070 DURA-ACE Di2試乗インタビュー

 

高岡亮寛の選ぶ、ワイヤー駆動コンポ
 
 

report:小笠原崇裕
photo:The Bike Journal, Kenji Nanba
date:13.6.17