TREK REMEDY 650Bを小笠原崇裕がテスト

140mmトラベルのオールマウンテンカテゴリーにも650Bの波がやってきている。個人的はレメディー650Bは新型スピードコンセプトと並んでセンセーショナルなバイクだと思っている。実際に乗るまでは全く未知数のバイクという事もあって、ポテンシャルは想像すら出来なかった。試乗コースに移動してサスペンションのエア圧等の調整を済ましてから走り出すと、緩い登りでは140mmのフルサスという事を忘れてしまっていた。というのはペダリングが軽いというより「回しやすい」。

クルクルとペダルが軽く回って行くのももちろんあるが、クロスカントリーバイクのような回しやすさがあり、回転数によって回しにくいとか重く感じるとかいう事がほとんど無くスピードの強弱や回転数の高い低いに関係無く常に一定の回しやすさがあった。オールマウンテンカテゴリーという事もあって、このバイクの走りのターゲットレンジは下りはもちろんのこと、登りも含まれる。単に含まれるというレベルを超越して、登りにも相当にフォーカスしているようだ。

ただサスペンションをロックするとか、チェーンリングが2枚や3枚あるとかではなく、ペダリングフィールをかなり考えているように感じられた。ロングクライムで疲れ切ってしまって、楽しみたいダウンヒルで存分に楽しめない・・・では、今日のオールマウンテンカテゴリーとしては厳しい。

ダウンヒルパートでは、650Bの恩恵というか効果が存分に発揮されている。26インチでは拳大の石が並んでいるとサスペンションが大きくストロークしてバイクの失速がかなり感じられるものだったが、650Bではサスペンションがストロークするのがだいぶ少なくなるのでバイクの上下動が減って凸凹の路面でのフラット感が強くなっている。ピュアクロスカントリーバイクである29インチのスーパーフライFSと比べてはいけないが、650Bのレメディーはリアバックの剛性が高く、捻じれが少ないのか、フラットながら路面の状況を的確に伝えてくる。

スーパーフライFSがしなりを活かしているのに比べ、レメディーは最初からしなりを少なくし、絶妙な粘りやトラクション等のコントロールをする部分は27.5X2.35という太いタイヤに任せるようにしているように感じる。しなりが少ない分、サスペンションのセッティングがモロに影響してくるので自分に合うセッティングを見付けるまでには少し時間を要するかもしれない。

30mほど続く階段をノーブレーキのまま突っ込んで行った時に感じたのは、同じ波長の振動が続いて、振動が振動を呼んでサスペンションが沈みっぱなしになってしまい、激しく衝撃が伝わってきてしまう事があるが、650Bとカーボンフレームという事で手が痺れてしまうような細かなバイブレーションは見事に消され、ハンドルを持つ手の力が少なく済んだ。

これは丸一日トレイルを走り続けるような場合には非常に重要な事、大きな衝撃はサスペンションで収めてくれるが、大きな衝撃の中にある細かい振動ってものが実は一番疲れる。

トレックの強みの一つとしてどのジャンルのバイクでもハンドリングに統一感があるという事だろう。まったくの畑違いのマドン4とレメディー9.8の両方に横並びで順番に乗ってもコーナーでの
曲がり方というか、「重心を置く位置で一番良いのはここですよ」とバイクが訴えてくる。特にオールマウンテンカテゴリーはバイクの上で一番動きが多く大きくなるジャンルで、バイクの真ん中という物が非常に重要になってくる。

レメディーはこのバイクの真ん中という物を掴みやすく、前後のサスペンションが効果的に動くポジションにスポっと身体が収まりやすい。重心が最適な位置に収まってさえいれば、バイクのコントロールはしやすく、バイクもセッティング通りの動きをしてくれる。

難点というか寂しい事を言ってしまうと、日本ではレメディーをぶっ飛ばせる環境が殆ど無いという事だろう。富士見パノラマでいえばAコースも普通に下れるし、Cコースなんかでは最速のバイクかもしれない。富士見パノラマを山頂まで自走で登ってから下ってきますか?と聞かれたならクロスカントリーライダーなら喜んで「OK」と答えるが、普通のダウンヒル好きなライダーは自走ではまず登らないだろう。

かといって、クローズドではない里山やトレイルでレメディーの性能をフルに使おうと思ったら、下りでとんでもないスピードが出てしまうので危なすぎる。バイクの性能を存分に発揮できる環境があるならば、こんな楽しいバイクはちょっと見当たらない。久々に遊び用のバイクとして欲しくなってしまった一台。
 
 

report:小笠原崇裕
photo:The Bike Journal
date:13.9.5