別府史之に聞くフィッティング、トレーニング、今シーズンの事
_DSC7460
シーズン入りを前に一時帰国した別府史之へのスペシャルインタビュー後編は、フィッティング、トレーニングと今シーズンの話。なぜ、別府史之はH1、H2と2つのジオメトリーが用意される中でH2ジオメトリーを使うのか?などを聞いてみた。

難波ー 今回持ってきて頂いた別府選手のトレーニングバイク、トレーニングバイクと言ってもレースバイクとホイール以外全く同じ仕様なんだけど、マドンのH1、H2とあるジオメトリーのなかでアップライト寄りなH2になってますよね。さっきその話が雑談の中で出てきたんですが、詳しくそれについて教えてください。

別府ー 56cmのH2ジオメトリーを使っていますね。

難波ー なぜ?

別府ー 一番乗ってしっくりくるからと言うのが一言で答えるなら答えです。

難波ー さっきの雑談で、日本のライダーはサドルとハンドルの落差を付けすぎって話が出てきましたよね。そこについて少々深く聞かせてください。
_DSC8342
別府ー 僕がH1のジオメトリーに乗るとですね、一番パワーが持続できるポジションを取ろうと思ったらかなりコラムスペーサーを挟まなきゃいけなくなるんです。欧米の選手みたいに手足長くないですし、特に肩から肘の長さがアンディやフランクとは全然違うでしょ。

難波ー ちなみに別府選手の身長は180cmで、欧米の選手みたいに長くないと言われても、日本男子の平均身長に限りなく近い僕からするともの凄く手足も長いですが。

別府ー 日本では、ハンドルの落差があった方が欧州のプロ選手っぽくて格好良い、速い、乗れてるってなってるでしょ?あれは違うと思うんですよ。

難波ー ふむ。

別府ー あれは、欧米の選手の体格、特に肩から肘の長さがあるから出来ることで、僕がパワーの出るポジションを取ったら、TTバイクでもある程度スペーサーを挟んで乗った方が確実に速いです。

難波ー エアロよりもパワーだと。
_DSC8382
別府ー 結局、極限の速さを競っている訳ですから。エアロももちろん大事ですよ。大事だけど、呼吸がしにくくなってペダリングにも影響が出てパワーの出ないエアロフォルムなんて意味がない。
実際ですね、室内バンクなんかを使って色々フォームを変えながらTTポジションを出していくんですが、下げるに従って空力は改善する訳ですがそうじゃないときもある。低いフォームと高いフォームでどっちがペダリングも呼吸も無理がないかってそれはリラックスしてるほうが良いですよ。

難波ー その辺りを総合したら今のポジションに行き着いたと言う事なんですね。

別府ー 低いのが格好いいっていうのは解るんですが、イコール速いとはなりませんよね。

難波ー で、なぜ56サイズ。

別府ー 僕の身長だと54でも56でもどっちでも選べるんですが、コーチなんかは54を選んでも良いんじゃないって言ったりもしますけど、結局乗って速くて安心して走れるのが一番なので56のH2に乗っています。ついでにH2だとスペーサーを殆ど挟まないので見た目も格好いい。リラックスして安心してコーナリングしたり真っすぐ走ったりっていうのはレース機材としてもの凄く大事です。その点でH2のマドン7は非常に優れている。

難波ー 全部総合するとアップライトなH2になったと。

別府ー ちなみにチームの選手も良くバイクを見るとH2を使っている方が多いですね。
_DSC7879_rev1
難波ー 次はトレーニングについてですが、バイクジャーナルでは定期的にトレーニングの事をレポートしています。ステージレースを走る別府選手は、シーズン前の今、どんなトレーニングを行っているんでしょう?

別府ー 負荷の高いトレーニング、要するにインターバル的なものを1日1時間入れつつ、時間を乗り込むっていうのが基本になってきますね。

難波ー 具体的には週何時間ぐらい乗るんですか?

別府ー もちろん週によって変わってきますが、週30時間を越えないように配分していますね。トレーニングコーチと話し合って、送られてきたメニューをこなしています。

難波ー 乗り込みの時の負荷は?LSDペース?ミディアム走?

別府ー 12月から翌シーズンに向けて本格的にトレーニングを開始するんですが、12月はスローペースですね。LSDペース。で1月に入ると乗り込みの部分のペースも上げていって、今はミディアム走と言えば良いでしょうか。

難波ー シーズンに入ると、週2回はレースがあったりして、ステージレースもあるわけで、トレーニングというよりリカバリー中心になるわけですか?

別府ー そうですね。シーズン中はリカバリー中心になりつつ、目標のレースに向けて照準を併せてピーキングしていくという感じです。今年だったら、まずジロが最大の目標になります。

難波ー もう、チームからはジロへの出走は指名されているのですか?
_DSC8238
別府ー 今年はジロにピークを持って行くように言われています。チームのために仕事をしながら、自分としてもステージ優勝を狙っていきたい。

難波ー それは思わず期待してしまいます。シーズン後半はどうなるのでしょう?

別府ー まだ未定としか言えませんが、未定の上で言うとするとジャパンカップで優勝というのは個人的には狙っていきたい。日本でこれだけ大きなレースをやっている訳で。

難波ー もっと色々と聞きたいところですが、時間が来てしまいました。TREK FACTORY RACINGともども今シーズンの活躍を期待しています。

別府ー ありがとうございます。

難波ー 最後に一言。別府選手の最新情報は、別府選手の公式ホームページ(www.fumy.jp)や、公式Facebookページで手に入ります。では、今シーズン期待しています。
 
 

interview:Kenji Nanba
photo:The Bike Journal, Trek Factory Racing
date:14.2.11