プロ視点でのインプレッション
心拍を使ってのトレーニングが一般的になり、シーンに合わせたより細かい設定とデータを取れるのがt6。単純に心拍計と言ってしまっては申し訳ないほどの多機能。腕時計タイプなのでバイクとランのトレーニングどちらにも使用でき、バイクでは、センサーを取り付けるとスピードは勿論の事ケイデンスも取れる。ランでもスピードセンサーで距離が取れ、バイクと同じように標高差やエポックという運動強度の指標で今日のトレーニングが効果的だったかどうか一目瞭然。昔は心拍計といえば武骨で飾り気の無いイメージだったが、このスントが参入してからというものカジュアルでしかも高機能な心拍計ってものが一般的になった。このt6はスントのトップモデルでトレーニングで必要とされる機能を網羅している、このデータをパソコンに落とし込み以前のトレーニングとの比較や伸び率なども一目で分かるアプリケーションも付属している。もちろんマウンテンバイクでもロードでも使用でき、劣化した際にスモールパーツも用意される。限定カラーやシリアルナンバー入りなど苦しいトレーニングを楽しいものへと変えてくれるのがスントの魅力だ。オシャレな腕時計型のコンピューターでありながらGPS式のモデルに比べて電池の充電を気にしなくて良いと言うメリットは毎日トレーニングするライダーには位置情報が解る事よりも便利。