GIANT ANTHEM ADVANCED 27.5 0 TEAM

DSC_7422
自転車界のリーダー的存在であるGIANT。そのジャイアントが2014年モデルからマウンテンバイクのホイールサイズを27.5インチ(650B)に集約してきた。その突っ走りっぷりは業界内でも「本当に大丈夫?」と心配されてしまうほどのインパクトを業界に与えた。しかしジャイアントは本気だ。マウンテンバイクには27.5インチが最適だという事を本気で考え、2014年モデルにて一気に攻めてきた。

今回乗ったのはANTHEM ADVANCED 27.5 0 TEAM。クロスカントリーフルサスペンションのトップモデル。
アンセムは26インチから始まり、29インチ、27.5インチと3種のホイールサイズで、リアサスペンションの機構に同じマエストロシステムを採用している。マエストロは登場したと同時に、抜群のトラクションを稼ぐサスペンションとして一気にレースシーンの最前線へとのし上がった。
DSC_7423
27.5インチにいち早く目を付けてアンセムの登場。一発目からカーボンのトップモデルをラインナップする当たりにもジャイアントの本気さが感じられる。更に近年では標準になりつつあるカーボンホイールが完成車に付いてくるというのも熱い。即レースOKな仕様だ。

やはり27.5インチだ、ポジションが出しやすく、力の入るハンドル位置を安易に設定できた。オーバードライブ2というジャイアント独自規格のフォークコラム径、これによってステムも専用品となり、29インチの場合ではステムの選択肢が少なくてポジション出しに苦労した話も聞いていたが、27.5インチでは専用品でも選択肢が「ある意味増える」。
DSC_7431
このオーバードライブ2の恩恵は非常に大きく、捻れにくさはもちろんの事で、路面からの衝撃とハンドルの捌きが別々の動きになってしまう場合に特に助けられる事が多く、バイクが路面から浮いてグリップ感が希薄になってしまっているような感触の場合でもハンドルを向けている方向にバイクがちゃんと向いて走って行ってくれる。これが剛性の低いヘッド周りの場合は、ハンドルが向いている方向ではない方向に引っ張られてバランスを崩してしまう事がある。
DSC_7436

DSC_7429

DSC_7427

DSC_7425

DSC_7426

DSC_7424
 
 

report:小笠原崇裕
photo:The Bike Journal
date:13.12.10