SPECIALIZED新型TARMACの詳細
 
Tarmac_DEALER_Hero_V2
 
RIDER-FIRST REVOLUTIONのキャッチコピーで公表された新型TARMAC。RIDER FIRST REVOLUTIONとは、SL4テクノロジーの肝であったサイズごとに同じ剛性の仕上げとしたテクノロジーを進化させたもので、それぞれのフレームサイズ、つまりライダーの身長によって求められる性能を研究して、異なる性能を7つのフレームサイズに合わせて落とし込んだものだ。
 
tarmac2
 
tarmac1
 
tarmac3
 
主にハンドリング性能、乗り心地の向上、パワー伝達性能の向上、エアロダイナミクスの向上が新型TARMACの主な向上点で、スモールサイズでは、主に突き上げが緩和され、17%のパワー伝達性能向上、エアロ性能の向上を果たしているが、ミディアムサイズでは、乗り心地全体を向上しつつ15%のパワー伝達性能向上、ラージサイズではライダー自身の空気抵抗が大きいためエアロ性能の向上よりもシャープなハンドリングを取っているなど、それぞれのサイズで目標性能が異なる初めてのロードバイクとなる。

目標性能は、数百人に及ぶあらゆる身長のライダーに実際に試乗させて決定し、これを研究所に持ち込んでマクラーレンとの共同開発で仕上げたという。
 
 tarmac4
 
tarmac5
 
SL2、SL3、SL4と進化して来たSPECIALIZEDの旗艦バイクTARMACだが、本日発表された新型は単純にTARMACと呼ばれ、BBはチェーンステーと一体化されたモノコックBBを採用。テーパーサイズのヘッドチューブは、RIDER-FIRSTエンジニアリングを実現するため、サイズによって異なる径のベアリングを採用している。

McLarenグレードのMcLaren TARMAC(本国では夏に発売)、S-WORKS TARMAC、そしてTARMACが用意され、それぞれのグレードにディスクブレーキモデル、キャリパーブレーキモデルが用意される。

report:Kenji Nanba
date:14.5.10
  
 NEW_TARMAC_GALL_1_V2
 
NEW_TARMAC_GALL_2_V2
 
NEW_TARMAC_GALL_4
 
 
  
report:Kenji Nanba
date:14.5.10