号外:Specialized Racingの山本幸平がロードレース全日本選手権に出走へ!
 
_DSC6592
 
北京五輪、ロンドン五輪のMTB XCO日本代表で、Specialized Racingに所属してUCI MTBワールドカップを転戦する「絶対王者」山本幸平が、月末に岩手県・八幡平で開催されるロードレース全日本選手権に出走すると表明した。

「シーズンインまでは絶好調だったのですが、ワールドカップの第二戦ケアンズRd.での落車で胸骨を骨折して今シーズンは自分の満足出来るレースが出来ない状況が続いて来ました。先週末のワールドカップでは37位の成績でしたが、久々にレースが終わるまで自分自身と戦う事が出来て、結果としての結果は良くないですが今シーズンの仕切り直しとなるレースにはなったと思っています。

日本のサイクリストの皆さんには大きなサプライズとなると思いますが、6月末のロードレース全日本選手権に出走する事にしました。ロードレースで自分の実力を試してみたいというのがその理由ですね。

現在主戦場としているXCOワールドカップは90分。ロードレースは250kmで全然時間が違いますが、今週からロングの練習を開始していて1ヶ月でどこまで長距離に体を適応させられるかが勝負になってくると思います。

ロードレースはチームスポーツですが、全日本選手権に個人で参戦する強豪選手もいるので、それらの選手と上手く連携して最終局面まで先頭集団に残れたら・・・。と思っています。

ロードレース全日本選手権の後は、そのまま日本でトレーニングキャンプをしてMTB全日本選手権に参戦。その後ワールドカップの後半ラウンドと世界選手権での10位以内を目指して走り続けますので応援よろしくお願いします。」

と本人は語っている。近年は、先月のニノ・シューターのように現役XCO選手として活躍しながらロードレースにスポット参戦して戦績を残す選手が増えているが、世界選手権15位、ワールドカップ16位という問答無用の歴代最強のMTBクロスカントリー選手の参戦は、その結果が気にならない人は居ないだろう。
 
 

report:Kenji Nanba
photo:The Bike Journal
date:14.6.5