ブログの移転&ウェブサイトリニューアルお知らせ。

池田祐樹オフィシャルウェブサイトをリニューアルしました!
http://www.yukiikeda.net/

それに伴い、ブログもこのHP内に移転しました。
http://www.yukiikeda.net/blog.html

新しく登録いただけると幸いです。

長く続いたバイクジャーナル内ブログを読んでくれてた皆様本当にありがとうございました。

また、新しいブログでもより充実したブログ更新をしていく次第であります。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

移転先ブログURL:http://www.yukiikeda.net/blog.html
池田祐樹
TOPEAK ERGON RACING TEAM

京都ゆぶね「春よ恋ひ」4時間エンデューロソロ・レースレポート

大会名:京都ゆぶね「春よ恋ひ」4時間エンデューロ
大会ウェブサイト:http://main.846.info/?eid=1244095
開催地:京都府和束町湯船森林公園TOPEAK MTB LAND
開催日時:2017年3月19日
結果:1位(ソロ)、2位(チーム含む総合)
レースデータ:Training Peaks
周回数:22周(51.5km)
総獲得標高:2850m
TSS:284

1周距離2.3キロ(獲得標高約130m)のコースを4時間以内に何周回できるかを競うレース形式。コースの大半はシングルトラック、登りの斜度はキツく、下りもテクニカル度が高く、気を抜くことができない設定。流れさえつかめばものすごい楽しいコースだ。

私は1人で4時間をレースする「ソロ」でエントリー。

今回は「池田祐樹に勝ったで賞」を設けてあり、ソロ・2人以上のチーム関係なく私の周回数を上回ったら豪華賞品をゲットできる。

もちろん出走する以上は全力、そして、私の世界を見据えた走りを皆に見せたいという強い気持ちがある。だからこの賞は簡単にはゲットさせない。

17309344_616400191882921_4848078547516756056_n

1周目は全日本Jr.チャンピオンの山口創平選手(Pro Ride)と2人全開ペースで飛び抜ける。山口選手はとても俊敏でありながら柔らかく速い。自分とはまた違うスタイルの走りに感心しつつ、真後ろにつかせてもらいながら観察させてもらった。私の弱点はスタートダッシュ。それを克服するために積んだ冬のトレーニングの成果をテストするためにも、ソロでありながらスタートから全開で行こうと決めていた。

2周目に入るとすでに独走状態。しかし、どこまで全開でいけるかを見るために足は緩めずに追い込み続ける。

とてもきつく、一人でモチベーションを保つのは難しいが、目の前に世界の強豪ライダーがいると仮想して見えない敵をひたすらに追った。

周回を重ねていくとコース上にいる他ライダーの方達と励ましあったり、プロの走りを間近で見てもらったり、とアクションがあるのもこのレースの魅力だ。

17362809_616424498547157_3249391437156465594_n

ラップタイムを意識し、タイムが落ちないように毎周回記録する。1分以内に差は抑える。

2時間あたりだろうか、ソロでは独走トップだが、エリート2人チームが総合2位に1分少々で迫ってきているとサポーターから情報が入る。

正直驚いたが、心にスイッチが入り、再びラップタイムを10分台に戻して引き離そうと試みる。

しかし、相手チームは2人で交代をしながらレースをしているので勢いは衰えない。

こちらは前半の全開ペースのツケか、中々ペースが上げられない。維持をするのが精一杯。

17353372_1434438479961531_104750146672890827_n

©Takuya Adachi

しかし、これこそがレース。

限界を感じさせてくれて、それを超える戦いこそが真のレース。

まさに「超戦」。

昨年は、ここまで追い込まれる展開はなかった。

今回は「池田祐樹に勝ったで賞」の対象はソロだけでなくチームでの挑戦状も受けて立つと公言した。

相手が2人だろうと4人だろうと関係なく勝つ。

2対1の真剣勝負。これこそが自分の望んでいた展開だった。

4時間のうち3時間が経過。まだギリギリでリードを保っている。

相手チームは30秒以内に迫り、ポイントポイントで視界にも入ってくる。

残り1時間を切る。逃げ切ってみせる。いや、引き離してみせる。

相手チームが交代したタイミングだろうか、

勢いよく真後ろまで迫られ、その流れでついにリードを許してしまう。

ついていくことができない。心では相手にしがみついているが足が残っていない。

みるみるうちに後ろ姿が離れていく。

それと同時に身体が鉛のように重くなっていく。

あと、約45分。

諦めるにはまだ早いが、相手はチーム。リレー交代できると考えると「ここからの逆転は難しいのでは?」と弱気な考えが頭によぎる。絶対に負けたくないという強いエゴとの葛藤。冷静になれない。

登りの斜度が余計にきつく見えたり、今まで難なく乗り越えていた木の根にもつまづく。

「すげえ情けねえ姿。」

「今のこの姿で世界で戦えるのか?」

「いや、無理だろ。」

「じゃあ、どうすんだよ?」

「とりあえず腐っている場合じゃねえだろう。」

「今の目の前のベストを尽くせよ。」

「コンマ1秒でも前へ進んでみろよ。」

落ちかけたラップタイムを持ち直す。

どんなに落ちてもラップタイムは12分以内に抑えてみせる。

抜かれてからのラスト4周の走りはヘロヘロで客観的に自分を見たら目も当てられなかっただろう。でも、それでも前へ進まなければいけない。

結果はソロ1位。総合は2位。

17410453_969891589813783_697628256_n

©Satoru Yamashita

まだまだ思い描いていた絶対的な力がなかった。

ねじ伏せられなかった。

弱い自分を直視して向き合うことはすごく難しい。

でも、成長するためには絶対に目を逸らしてはいけない。

これから始まる本格シーズン前に、

心身の限界を超えた状況を経験できたことは大収穫だ。

最後までベストを尽くして、高め合って、戦ってくれた相手チームには心から感謝。ありがとう。

今回、将来有望なジュニアやエリートレーサー、様々な層の方たちと同じコースを共有し、レースをしたことで色々なことを感じた。

今回ソロで22周したのは私のみ、チームでも1チームのみ。

しかし、私も海外へ出ればいちチャレンジャー。周回遅れになるレースもある。コテンパンにされる。

世界は広い。強い。厳しい。しかし、可能性に満ち溢れている。

世界を視野に考えている若者マウンテンバイカー。

日本の外に広がっている世界を見据えてほしい。フィールドは地球。

一度きりの人生。

今のこの瞬間を思い切り謳歌してほしい。どんどんチャレンジしてほしい。

私は海外チーム所属で国内を走るチャンスは少ない。だから人前で走るときはイベントだろうとなんだろうと最高の走りをすると心がけている。

本気の走りを見てもらいたいし、それが皆の刺激となり、次のステップへの気づき、チャンスとなってほしいと心から願っている。

本気で走ること、生きることでしか伝わらないことを感じてほしい。

今回の素晴らしい機会とイベントを作ってくれた大会運営の皆様、一緒に経験を共有してくれた皆様、献身的にサポートしてくれた皆様、心からありがとうございました。

17352390_10155266633891151_5119479739187752740_n

4時間ソロ表彰式。まずはシーズン1勝目!17362471_1206147862836097_6604848433637013417_n

ラップタイム。C7SP1gVV4AAQVw3.jpg-large

次戦は、4月28〜30日・アメリカ・アリゾナ州プレスコットで開催される「ウィスキー・オフロード」を予定しております。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

池田祐樹
〜超戦〜
TOPEAK ERGON RACING TEAM USA

レース中機材・装備:
バイク: Canyon LUX CF 29 チームエディション
フォーク・リアショック:Rock Shox RS-1Monarch XX
ブレーキ:SRAM Guide RSC
ドライブトレイン:SRAM XX1, フロント32T
タイヤ: MAXXIS IKON 2.2 EXO: 前後20PSI
シーラント:Stan’s NoTube Race Sealant
グリップ: Ergon GS1
グローブ: Ergon HX2
サドル:ERGON SMR3 S Pro Carbon
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11
ヘルメット: Limar
工具・サドルバッグ・ボトルケージ: Topeak
チェーンオイル:Finishline
補給食:GUパワーバージェル&VESPAプロSayako’s Kitchen
ソックス:C3fit 
テーピング:ニューハレ
ケーブル/ワイヤー:JAGWIRE
ヘッドバンド:Halo II (ヘイロ II) プルオーバー
チームジャージ:Primal Wear

パーソナルスポンサー:
NEW HALE:テーピング
自転車コーキ屋
Peaks Coaching Group Japan
VESPA
パワーバー
THE NORTH FACE
C3フィット
なでしこ健康生活・生きている玄米
ヒロコンフーズ
VITAMIX
HALO HEADBAND:ヘッドバンド
オルタナティブバイシクルズ
民宿 藤屋(王滝村)
百草丸 日野製薬(株)

チームスポンサー:
Ergon
Topeak
Canyon
SRAM XX1
Primal Wear
Finish Line
Crank Brothers
Chamois Butt’r
Stan’s No Tubes

グレートレースを観て感じたこと。

3月5日19時からNHK BS1グレートレース「ヒマラヤの自転車レース 天空を駆ける330km」がついに放送された。

17155630_1224603000987129_3427160277642402387_n

私も出場した2016年11月に行われた「ヤックアタック」ヒマラヤ山脈10日間レースのドキュメンタリー。数多くの過酷な海外レースに出てきたが、このレースは規格外。最も過酷、でも同時に最も美しいレースでもある。

滅多に見られない超級MTBステージレースのドラマをぜひ、より多くの方に見ていただきたかったのでこの機会はすごいうれしかった。

まだまだ日本ではマイナーなMTBがTVで放送される意味は大きい。すごく魅力的なスポーツであること、世界で頑張っている日本人もいることを自転車界以外の人たちも知ってもらえるすごいチャンス。

17156242_1224603024320460_3634083513496755121_n

内容的には、前半50分はネパールの絶対王者アジャヤにフォーカスし、後半はカナダのコーリーと南アフリカのティナスの二人のトップ争いを中心にドラマが描かれていた。

17156281_1224603084320454_3716957628786238269_n

前2回放送と比べると私の映りは少なかったがこれは仕方がない。すごく悔しいが私は実力不足でトップ争いに絡むことができなかった。プロライダーとしてもっと強くなり、人間的に成長してもっと魅せる走りがしたい。と改めて気を引き締められた。

16939578_1224603087653787_5630165303825389405_n-2

しかしながら親友でもあるネパールのアジャヤがスポットライトを浴びたことがとても嬉しい。彼はものすごい可能性を秘めたライダー。ネパールという決して経済的に豊かとは言えない国でMTBプロとして活躍している。

16939694_1224603150987114_2520603451987094849_n-2彼は世界をみている。英語も習得し、身だしなみ、マナーもしっかりしている。見ている先はネパールだけではなく、世界へ向いている。

その姿は後輩たちの見本となり、夢を与え、憧れられ、また彼らもアジャヤのように視野を広げて世界を目指す。トレーニングも英語も仕事も同時に励んでいる。恵まれた日本の若者たちができていないことをネパールの彼らは実践している。彼らの姿勢を学んで欲しい。

ネパールのライダー達の身体能力は非常に高く、もっと世界へ出て経験を積めば活躍していけるだろう。そして、とにかくみんないいやつ。よく笑い、何事にも真摯に向き合う。

私はネパールの自然と、志が高く純粋な彼らに惚れ込み、切磋琢磨がしたく、4年連続でネパールのレースに出場している。

とにかくたくさんのことを毎年学ばせてもらっている。心から尊敬して応援しているライバル達だ。

そんな彼らのリーダー、アジャヤがTVを通し日本のみんなに知ってもらえたことがすごく嬉しかった。

彼らの姿を見て、何かを感じ取ってもらえたら幸い。

特にこの番組を見た若い日本のライダー達には、頑張って欲しい。

あと、ヤックアタックの参加者はほぼアマチュア。プロ選手はほんの一握り。普段はフルタイムの仕事をしていて、貴重な休みをとって参加している。過酷なことにお金と時間を自らつぎ込む。それだけ魅力がある世界だということ。

世界各国からチャレンジャーが集まる。目的は勝ちだけではない。大自然へのチャレンジ、自己の限界へのチャレンジ、理由は様々だが、その見ている視野はすごく広い。

まず、みんな舞台を自国だけじゃなく、世界をスタンダードにしている人が多い。日本のプロもアマも舞台を日本だけにとどめてほしくないと切に思う。これは時間や金銭の問題ではなく、考え方のこと。

9日間の平均レース標高が3200mで最高標高が5416mという、とんでもないモンスターレース「ヤックアタック」。

完走するだけでも至難の業。数々のドラマを越えてフィニッシュラインを目指す。柔道オリンピアンのサブリナ、ネパールのラシュミ、私のアメリカの家族的存在のテツさん、そして映っていなかったすべての参加者にも深いドラマがたくさんあった。

17125300_1224614357652660_17539124_n

プロライダーがこんなことをいうのもなんだけど、

得るものは結果や順位だけではない。特にこのレースは。

大げさではなく、一つの人生を味わえるくらいの凝縮された濃厚な9日間だったのだ。

レースを終えたあとのみんなとの結束力は一生もの。これから先どこであっても助け合いたい仲間。みんな本気で自分をさらけ出したからこそだ。

そんな世界観も感じ取ってもらえたなら嬉しい。

グレートレースを撮影してくれたクルーの皆様には心から感謝。

まさにグレートでした!

ありがとうございました!

↓最終ステージフィニッシュ後の総合トップ5集合写真。最高のライバルにして最高の仲間!

17098277_10155205410176151_1297089788906712935_n

出演番組・講演会・書籍のお知らせです!

お知らせです!

グレートレース「ヒマラヤの自転車レース 天空を駆ける330km」
NHK BS1 2017年3月5日(日) 午後7:00~午後8:50(110分)

_dsc2283私も出場した2016年「ヤックアタック」ヒマラヤ山脈10日間レースのドキュメンタリー番組です。

_dsc2189

数多くの過酷な海外レースに出てきましたが、このレースは規格外。最も過酷なレースですが、同時に最も美しいレースでもあります。

_dsc2680

滅多に見られない超級MTBステージレースのドラマをぜひ、より多くの方に見ていただきたいと思っております。

_dsc1488

ぜひ、予約・ご覧ください。

15032690_10154659599095758_1461105229702591417_n

MTBの認知度を上げるため、魅力を伝えるためにもこの機会を活かし、たくさんの方に見ていただきたいと思っております。よろしければ情報のシェア、拡散をお願いいたします。

12239543_1030188570379214_4696778101162041691_n

・池田祐樹講演会「世界で活躍するプロマウンテンバイカー池田祐樹氏講演会」

場所:シニアライフサポート館(東京都青梅市河辺町、TEL0428-27-3460)
日程:3月30日
開催時間:18時30分~20時
参加費:2,000円
主催:青梅市倫理法人会

池田祐樹講演会3・30・2017「同会20周年記念のイブニングセミナーとして企画された講演会。
2010年~2016年の6年連続、MTBマラソン選手権の日本代表として出場し、MTB長距離、耐久レースの国内第一人者として、シングルスピード世界選手権の親善大使を務める池田祐樹さんを招く。当日は、池田さんがマウンテンバイク競技の選手になった経緯や、アスリートとしてのストイックな生活、アスリートフード研究科の妻が池田選手をサポートし、夫婦で世界選手権に挑んでいる模様など話す。」
詳細:http://nishitama.keizai.biz/headline/792/

妻のアスリートフード研究家・池田清子が本を出版します。
タイトル:EAT GOOD for LIFE 〜史上最高の私をつくる「食」×「ながらトレーニング」〜

(トランスワールドジャパン株式会社発行)16864415_1216330915147671_7519987295183235013_n

▶︎3/24発売
▶︎Amazonでの予約も開始しています。https://www.amazon.co.jp/dp/4862561977
書籍「EAT GOOD for LIFE」出版を記念し、3/18(土)17:00-18:30
湘南T-SITEにて、書籍発売記念イベントが開催されます。

16938456_1216330925147670_8948159227971906988_n

モデル・タレントで活躍中のあの浜島直子さんがスペシャルゲストという豪華イベントとなります。
予約制となっています。お申し込みはここからお願いします。:http://real.tsite.jp/shonan/event/2017/02/eat-good-for-life.html
引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます!!!