GIANTがスマートフォン対応のサイクルコンピューターを発表

CONTINUMM_SYNC_WHITE

GIANTがiOS、Android OSスマートフォンに最適化したサイクルコンピューター、CONTINUUM SYNCを発表した。Bluetooth Smartに対応したこのサイクルコンピュータをスマートフォンに接続すると、スマートフォンからのGPS情報を得てサイクルコンピューターに表示が可能。

また、スピードやケイデンスなどのセンサー装着時は、サイクルコンピューターを介してスマートフォンアプリに情報を共有し、そのライディング情報をFacebookやSTRAVAなどのサイトに共有できるという。本体価格は5,500円で、自転車専業メーカーからのAppleWatchへの回答とも言えるデバイスの登場だ。

以下、プレスリリースより抜粋。

iphone5_3

<CONTINUUM SYNC の特長>
小型軽量のBluetooth® SMART 無線技術対応ワイヤレスコンピューター。「RideSync APP」のモニターとしても稼働可能。
●Bluetooth® SMART センサー(フォンモード)およびANT+(センサーモード)に対応
●2つのモードで使用可能
・フォンモード= Bluetooth 接続でスマートフォン専用アプリ「RideSync APP」のモニターとして稼働するモード。各種Bluetooth® SMART 対応センサー(アプリに接続)とスマートフォンのGPS を利用して走行データをアプリに記憶。
※センサー無しでも速度や走行ルートは測定可能
・センサーモード= ANT+接続でRIDESENSE(ANT+)などの各種ANT+対応センサーと連動し、走行データを本体に表示するモード(CONTINUUM SYNC 本体には走行データは記録されません)
●アプリに記録したデータは、facebook やSTRAVA などのトレーニングウェブサイトにライド情報を共有可能(フォンモードのみ)
●大画面で見やすく、スマートにレイアウトされたセグメントディスプレイ
●デュアルバイク対応で、2 台のバイクで共用可能。
●ワンプッシュスマートバックライト
●不在着信通知(フォンモードのみ)
●「RideSync APP」によるファームアップデート対応
●10 種のプリセットタイヤ周長
●生活防水
●CR2032 電池
●RIDESENSE(ANT+)対応(別売) ●心拍ベルト別売
●脱着の簡単なO リング取り付け式
<CONTINUUM SYNC の機能>
○走行速度 ○平均走行速度 ○最高走行速度 ○ペース表示(平均速度との比較) ○走行距離 ○総走行距離 ○走行時間 ○ペダル回転数 ○心拍数 ○アラーム ○消費カロリー ○12/24 時間表示 ○電話着信通知(フォンモードのみ) ○デュアルバイクデータ(SET ボタン長押しでバイク1、バイク2 の切り替え)

PhoneMode SensorMode

<RideSync APP の特長>
※iOS 7 以降対応。Android 版は今夏にアップ予定。
スマートフォンのGPS を利用して、走行データ(走行ルートを含む)の記録・蓄積できるアプリ。計測データをリアルタイムで「CONTINUUM SYNC」に表示できます。
●走行データ(走行ルートを含む)の記録、各種外部サイトへのアップロード、走行データの蓄積・管理
●各種Bluetooth® SMART 対応センサーを複数登録可能。バイクごとに使用するセンサーを事前登録しておき、ライド開始時に自動識別。
●複数のバイクを写真付きで登録可能。
●3 分割、5 分割、7 分割の表示切り替えが画面スワイプで簡単に可能
●自動一時停止機能搭載

<APP の機能>
○走行速度 ○平均走行速度 ○最高走行速度 ○走行距離 ○走行時間 ○ペダル回転数 ○平均ペダル回転数 ○最大ペダル回転数 ○心拍数 ○平均心拍数 ○最大心拍数 ○消費カロリー ○電話着信通知(CONTINUUM SYNC 本体へ通知) ○海抜

photo:GIANT
date:15.6.24