トレイルライドで使うDOKKE XC

まず、先に言っておかないといけないのは、このドッケには山遊び用の「DOKKE AM」があるので、山遊び、トレイルライドを主眼に置いた場合はこちらのAM(オールマウンテン)をチョイスする事をお勧めする。
XCと名が付いているが、トレイルライドで楽しめないというわけではない。XCとAMとの大きな違いはジオメトリーにあり、1秒でも速く走るためのXC、長く快適に走れるAM。

トレイルライドで重要な事として、ボトルゲージが2個付けられたり、担ぎやすいフレーム形状だったり、特殊パーツを使っていないという事があげられる。
トラブルが起きた場合に、レースではサポートが居たり、何か困っても会場で声をかければ解決する場合が多いが、人里離れた山奥ではトラブルが起きても全てセルフレスキューなので、仲間内でシェア出来るようなパーツ構成だったり、直すのに特殊工具が必要ない事が重要だったりする。

ドッケXCはリジットなので、トラブルの起きる箇所はフルサスペンションより少なくなるが、万が一の事を考えるとリジットの中でもこのオーソドックスな作りに安心感が持てる。トレイルライドに何を求め、バイクをどう走らせるかるかによってバイク選びはかなり変わってくる。トレイルライドでクロスカントリーレースに向いたバイクで走る場合は、「ゆっくり走る事が逆に疲れる」事が多々ある。

ある程度のスピードをもってバイクを進ませないと、低速ではハンドルがフラつき、トラクションが掛かりにくく、後輪が跳ねるというネガティブな事が出てくるが、このドッケXCもやはり低速では同じような乗りにくさが少々出てきてしまった。しかし、これはしょうがない。レースに特化したバイクでは宿命みたいなものだ。

乗りにくいとはいっても、ドッケXCはフレーム剛性を高く設定していないので、アルミや高剛性カーボンのような石や木の根のゴツンゴツンとした衝撃を1個1個モロに全て伝えてくる乗りにくさではなく、ここでも「しなり」が生かされているのか、ペダルを踏んだ時の独特の柔らかさに似た包み方で衝撃を緩和しているように感じられた。

後輪からの突き上げは正直に跳ねとしてバイクを振動させて来るものの、ペダルを伝わっての足裏にビリビリと来る振動はかなり少なくなっており、フレーム内での衝撃の収束が速く行われている事がわかる。この衝撃がいつまでもフレーム内で暴れまわっているとビリビリとした不快な振動としてサドルから腰へ、ペダルから足へ、ハンドルから腕や肩へと伝わってきて、長いトレイルライドでは後半にボディーブローのように体力を削っていく。

ドッケXCは、レースバイクとしてはかなり高レベルでこの振動の収束が上手くいっていると感じる。衝撃の収束が早ければハンドルを持つ手の力をセーブ出来るので、コーナリングで不要な力みが消えてリラックスしたフォームでコーナーに入れば安全だし、やはり速さに繋がる。ペダルからの振動がずっと続いていれば、足裏感覚が鈍くなり、滑りやすい激坂登りで本当に絶妙なタイヤのトラクションを足裏で感じられなくなってしまい、登れなくなってしまう。

この、フレームの僅かな特性の出し方で、トレイルライドでは「初めて登れた!」とか「あのコーナー最高!」といったような喜びに繋がる。こういった事から、レースとトレイルライドではフレームに求められる要素は随分と違ってくるが、どうしても1台しか持てなくて、レースもトレイルライドも高レベルでこなしたいという欲張りなライダーには、このドッケXCは最適ではないだろうか。個人的には、ロードのメテオスピードと同じように、ラグフレームのマウンテンバイクを開発していただきたい。次作にも期待したい。
 
 

report:小笠原崇裕
photo:The Bike Journal
date:12.12.27