SRAMが新型REDを公式発表

近日ニューヨークNASDAQに上場を予定するSRAMが、ロードバイク用コンポーネントの旗艦モデル、REDのフルモデルチェンジを発表した。2012年2月に詳細は正式発表されるとSRAMでは発表しているが、ティザービデオ中の映像では、フルカーボン化されているリアディレーラーや、リンク形式が変更されているフロントディレーラー、恐らくダブルタップ方式が踏襲されるシフターやXXのような削り出しのカセットが確認出来る。
ビデオ中の映像を見る限りはリア10速の変速システムで、ワイヤー式のコンポーネントとなるだろう。とすると気になるのはブレーキだが、海外メディアでは油圧式ブレーキの採用が噂されている。どちらにしても、重量は世界最軽量のコンポーネントを目指してくるのは間違いないだろう。

http://www.sram.com
 
 

report: Kenji Nanba
date: 11.12.01