独善か最善か。Di2徹底特集:比較試乗トークバトルPart.7

結論。Ultegra Di2とDURA-ACE Di2はどちらが買いなのか?

難波 – では、そろそろ結論に参りましょう。お客さんAが居ます。今までは1台目のロードバイクに乗っていました。15万円なのか10万円なのか20万円なのか。105とか66アルテグラとか、そのくらいのコンポが付いてるバイク。で、ここでアルテグラDi2が出たので冬のボーナスで完成車を4、50万円で買おうと思う。これは買いなんでしょうか?

小笠原 – その人にはデュラエースDi2は視界に無いんですか?

難波 – 予算の対象外です。でも、アルテグラDi2の完成車を狙うのなら、紐デュラエースは対象になってくる。そんな人が対象です。

吉本と小笠原 – それは難しい選択だ。

難波 – じゃあ選手目線の答えは、小笠原さん。ちゃんと乗るホビーライダーの答えは吉本さん。で、モノが大好きな人の為の答えは私としましょうか。

小笠原 – 選手として選択するなら、ワイヤー式デュラエースを買う。というのは、ワイヤー式デュラエースで不満が無いから。デュラエースはやはりフラッグシップであるし性能に文句がない。

難波 – なるほど。

小笠原 – フロントだけ電動。という選択肢があるのならそれを選びたい。電動の方がフロントはギュッと変わるけど、リアはワイヤーで全然不満が無いので。

難波 – では走るのが好きな人の為の選択肢は?

吉本 – 走るのが好きなんだったら電動アルテグラを買った方が良いと思う。

難波 – メンテナンスも簡単ですしね。

吉本 – 絶対的にすべて楽だから走る事に集中出来るよね。ワイヤーの伸びとか調整とかしなくていいし。電池充電するだけだし。
ホビーでもロングライドする人とかエンデューロレースに出る人なら電動の方が良いと思う。実用品としてアルテグラDi2の方が良いと思う。

難波 – 一方でモノ好きサイクリストとしての結論は、デュラエースでしょう。趣味のアイテムとして、同じ予算でモノを買うのならワイヤーデュラエースを選ぶべきでしょう。モノとしての作り込みとかツールで勝ちまくりとか名前の持つ重みとかがやはりデュラエース。

吉本 – モノとしての魅力ね。自転車を立て掛けて俺の自転車カッコいいとか、眺めて楽しむとかそういう趣味性はデュラエースだね。

難波 – ランエボを買うのか、BMWの320iを買うのか。みたいな話に近いと思います。モノの人が作りの良さを味わうなら320iでしょう。みたいな。
ただし、輪行を良くする人なら絶対にDi2を買うべきかと。カプラーを抜いてRDを外せば安心して輪行出来し、組み立ても全然簡単だから。

吉本 – 断線は心配する程しないしね。

難波 – アルテグラの場合はケーブルも単品で3000円ぐらいで買えるので、どーしても心配だったり海外に行く人は1本買ってフレームの中に放り込んでおけば良いでしょう。笑
でも、よく考えたら、それはモノの人ではなくて「乗る人」ですね。

吉本 – アルテグラはケーブルとジャンクションが別体なのがデュラエースより良いね。ケーブルをジャンクションから抜いちゃえば安心だし。

難波 – ですね。


吉本 – アルテグラっていうグレード自体が実用品だからね。実用で考えればアルテグラDi2の方が良いかと思うよ。ランニングコストも安いし。

難波 – では結論その2。7900紐デュラに今乗っているユーザーが居ます。フルデュラエース。7900シリーズ。
常々Di2は気になっていたこの人はアルテグラDi2を買う必要があるのでしょうか?それともプラス7、8万円出してデュラエースDi2を買うべきなのでしょうか?

吉本 – あー、それはもう圧倒的にデュラのDi2を買うべきでしょう。一度デュラエースの質感を知っちゃった人だと、ちょっとアルテグラには戻れないと思う。

小笠原 – 間違いないですね。デュラエースにした方が良い。

難波 – 僕もそう思います。妥協してアルテグラに行くぐらいなのなら7万円出してデュラエースを買った方が良い。更にここで今すぐ買わずに待てる人なんだったら、その人は要するにワイヤー式で良い訳なので、噂の9000系を待ちましょう。

吉本と小笠原 – そういうオチが待っていましたか。笑

終わり

「独善か最善か。Di2徹底特集」トップに戻る
 
 

discussion: 小笠原崇裕、吉本司、Kenji Nanba
まとめ:Kenji Nanba
photo:The Bike Journal
date:2011.12.10