Campagnolo SUPER RECORD EPS試乗インプレッション

プロレーサー視点でのSUPER RECORD EPSインプレッション

カンパニョーロのEPS、すでに様々なメディアで十分に語りつくされているが、バイクジャーナルでもシマノDi2との比較を主にしてのインプレッションを試みた。EPSの特長であろうボタン押しっぱなしの一気変速は凄く良い。これぞ電動といわんばかりにスタタタタタとシフトしていく気持ち良さは何度も連打する煩わしさから開放してくれる。

2段変速までは連打、3段以上の変速は押しっぱなしと決めて慣れればワイヤーよりも正確な変速が出来る事を実感した。ただ少しの慣れが必要で、何段ギアが変っているかを変速スピードを理解するか音で確認するしかなく感覚以上に「速く」変速しているので最初は軽くなりすぎ、重くなりすぎになる事もあるのかもしれないが、ロードはマウンテンバイクほど変速はシビアでは無いので気にしなくてもいいレベル。

変速スピードはDi2と比べてハッキリいって誤差程度の違いで、どっちが速いか遅いかは判らない。「両方とも速い」である。変速に伴うショックの伝わり方はDi2に分があり、チェーンが滑るように変速していく滑らかさはさすがシマノといった所。

ボタンの押しやすさは圧倒的にEPS、しっかりとしたボタンの大きさとクリック感は「ここを押せば変速する」というシフトレバーの根本的な仕事を忘れていない。Di2では日本的な物作りのせいかボタンが軽く、小さく、目立たずという作りなので慣れるまでは押し間違えが発生する。これが荒れた路面で手がブルブル震えた状態では自身でも重くなるか軽くなるのか変ってからのお楽しみ〜な事があった、シクロクロスでは大いにある。

Di2でも騒がれたフロントの変速スピードを含めた変速性能(主にインナーからアウターへの変速)では、EPSよりDi2の方がチュインっと確実に決まる感じがした。EPSでは何度かに1回はアウターギアの内側を「カリカリ」っと擦ってから変速する事があり、電動なのかワイヤーなのかではなくシマノかカンパかという変速性能では無機質なロボット的変速のDi2のシマノに分がある。

EPSの一気変速には賛否両論あるが、ワイヤー式のウルトラシフトも含め一般ライダーには不必要な装備なのかもしれない。プロやそれに近いライダーは、ゼロスタートや巡航からのトップスピードまでの到達が早い理由として、ダッシュを掛け始める1漕ぎ目から爆発的にワットが出て、いわゆる立ち上がりが速いスキルとパワーのある走りでは今の11速のようなクロスレシオのギアでは、1Tや2Tといったギアを1段1段変速していたらコンマの遅れが出てしまい、加速の妨げとなってしまう。一気変速で5Tの差をいとも簡単に踏み切ってしまうような脚力があって初めて開発者の意図を知る事となるのかもしれない。

やはりネックな点として、フレームに専用品が必要であり「売る気あるのか?」と思ってしまう。メーカー同士の談合みたいなものが汲み取れ、MTBも含めただでさえ専用品って物が増えていて、わざわざユーザーを囲い込むだけの為に「100%の性能を発揮するため」という建前は必要なのであろうか?とは言いつつも、現実的に手に入れられるライダーならばEPSは「買い」であろう。

多くのショップの方と話すと組み立てや配線方式に難があるようだが、ライダーとしてはフレームの事やメンテナンスの事を抜きにしてEPS自体の性能を考えるとDi2よりEPSを手に取るだろう。

report:小笠原崇裕

ジャーナリスト視点でのSUPER RECORD EPSインプレッション

事前にカンパ寄りではない人々がEPSは・・・と言っているのを聞いていたので正直言ってEPSにそんなに期待していなかったので乗ってみてちょっと驚いた。EPS、いいじゃん。と。

大体の機械的な特徴については小笠原選手の意見に同意だ。7970Di2と比べてどうかというと、要するに紐のデュラエースとスーパーレコードの長所、短所がそのまま7970対EPSの構図になっている。エルゴパワーの握り心地は快適だし、シフトスイッチのタッチは秀逸、ブレーキレバーのフィールも良好。一方で変速の滑らかさではデュラエースに部があるが、EPSも実用上何の不満もない。リアの変速はそもそもシマノもカンパも大差ないが、こちらも電動になっても大差ない。むしろ11スピードのカンパの方が良い。よって一長一短。シマノ派の人はシマノでどうぞ。カンパ派の人はカンパでどうぞ。宗派替えするほどどちらかが圧倒的に優れていると言う事はない。

一方でメンテナンス性に関しては、シマノの方が若干垢抜けている感じはあるが、まあカンパの楽しみはちょっとコツの要るメンテナンスをガレージでやるところにもあると考えれば及第点。フロントのストローク調整がシビアなのとバッテリーが外せないのは減点対象。

機械的な面では、カーボン使いまくりのSUPER RECORDの方が趣味の品として満足感は高いが、一方でモーターの音や回転感などは、流石の日本製。デュラエースの勝ち。とはいえアルテグラDi2と比べるとEPSの方が圧倒的に高級なフィールなので、その差は大きくない。ルックスは実物は写真と違ってフロントディレーラーも自然に収まっている。

結論を言うと、カンパマニアはEPSはご祝儀買いで良しでしょう。
 
 

report:Kenji Nanba
photo:Kenji Nanba
date:12.5.3