トレイルで使うスカルペル 29ER

絶対的なスピードが低いトレイルライディングではスカルペル29ERの本当の良さは引き出しに難いかもしれない。
どうしても速く走らせようとスピードを上げたくなってしまう。まったりしたスピードではレフティーのエア圧をかなり落として
柔らかくして乗る事によって随分とこの「スピード狂」になるバイクでトレイルを楽しめるようになる。
レース仕様のままのセッティングで、まったりペースでのトレイルでは前後のサスペンションの動きがあまり感じられず、
ある程度のスピードが出ていないと突き上げが感が結構ある。スピードの強弱に関係なく同じように動くサスペンションもあるが、
これは開発者の考え方だろう。良い悪いではなくレースorトレイルに特化させるかさせないかの違いだろう。
フレーム自体の方向性もトレイルで飛んだり跳ねたりして遊ぶようなものではなく、
止まらずに快速に走り抜ける事によって気持ちよさを感じられるように思う。こう考えると上級者向けのバイクと位置付けられる。
生粋のクロスカントリーバイクよろしく低速のガレた登りでは安定感が若干低く、29インチのフルサスにしてはポコポコと左右に振られる。しかしギアを掛けてトルクが掛ってくると一気に安定し出して
ガレた路面に関係なく素晴らしい直進安定性を見せた。
一方下りではチェーンステイの短さからくるホイールがバイクの中心に近くなる構造で、
大きな29インチのリヤホイールが身体のとても近くにあるような感じが出て細かな切り返しのターンでの振り回しやすさが際立った。
リヤホイールが1テンポずれて付いてくるような感覚になる事が多い29インチにあって、26インチに近い機敏なターンが描けた。リヤタイヤをロックさせて曲がるタイトターンではオーバーアクション気味にしなくともクイックにリヤホイールが曲がってきた。という事はブレーキを握っている時間が短くなるので体力的にもトレイルへのダメージも少なく済む。
滑り落ちて行くような崖下りではレフティーの剛性に疑問符が付いていたが、ロックセクションも含めてかなり過激なダウンヒルを繰り返したがハンドルが左右のどちらかに逃げて行くこともなく、腰砕けのようにフワフワすることもなく、行きたい方向に視線と肩を入れればバイクは素直に向かっていった。
重心(BB位置)が高くないのでヤジロベーのように左右にバランスをしっかり取らないといけないってのが無いので、これだけでも濡れたトレイルでは大きな武器になる。問題があるとすれば、Mサイズではボトルの出し入れが非常に行い辛いこと。凸凹道を走りながらドリンクを飲もうとするならば、相当な慣れがいるだろう。
リヤサスペンションの形状によって取り付け位置が制限されてしまっているのでボトルを取り出しやすいボトルゲージを選ぶと良い。ジャパンシリーズを走るような登録しているライダーにこそ乗ってもらいたい。トレイルでもある程度のスピードを保って走り抜けるライディングこそこのスカルペル29の真骨頂だ。
 
 

report:小笠原崇裕
photo:Kenji Nanba
date:12.10.19