GRAPHITE DESIGN DOKKE XC vol.1

良くも悪くも実に多く話題に上がるGRAPHITE DESIGN(グラファイトデザイン)。
カーボン製のゴルフシャフトをバックグランドに持つグラファイトデザインが畑違いである自転車のフレームを作ったら・・・。
異業種からのフレーム作りへの参入は海外では良く聞くものの、日本では珍しい。
カーボンに絶対的な自信を持つグラファイトデザインは自転車には「しなり」が必要だと昨今の剛性主義一辺倒のこの自転車業界に一石を投じた。
「前モデルに比べて◯◯%の剛性の向上」という言葉が各メーカーから垂れ流される中、グラファイトデザインは一貫してしなりを求めて、
各社が剛性を上げるためのセオリーだと言われる事を初期化して取り入れず、独自のフレーム開発をしているという。
実を言うと私も個人的に物凄く乗りたかったメーカーであり、彼らの言う「しなり」というものに対しては大賛成だ。ビッグメジャーブランドがBB周囲の剛性を高められるだけ高めている中、個人的には快適方向に振ったバイクを求めていた。しかしそういったバイクは総じてジオメトリーがゆったりポジションしか取れないものであったり、カラーリングが残念だったりと、なかなか理想的なバイクは無かったのだが、グラファイトデザインが誕生してからは「乗りたい」と常に思っていた。
海外のメジャーブランドにもこの「しなり」を「しなり」とは形容しないものの似たような信念でフレーム作りを行うメーカーもある、TIMEのRXRSだったりBMCのIMPECだったりと剛性主義とはかけ離れた作りをしている、またこういったバイクはバカ売れはしないものの、これを求めるライダーも多く存在しているのも確かだ。

グラファイトデザインがどこかのメーカーを意識し、目指しているのかどうかは知らないが、明らかに感じるのは、試乗会でチョイ乗りして踏み出しの速さに「軽いわ〜!」という事を狙っては作っていないという事だ。
感性やフィーリングといった無機質ではなく、温かみのある「味」をライダーに感じて欲しいのだろう、バファリンじゃないがグラファイトデザインのバイクの半分は優しさで出来ている。
とまで言わしめるそのしなり。鉄の細い丸チューブ時代から乗っているライダーならまだしも、アルミの「パキパキな剛性があるから良く走る」や、エントリーモデルまでカーボン化された時代から乗り始めたライダーにとって、このしなりというものを感じ、推進力へと変えるペダリングや進む感覚を感じ取ることが出来るのだろうか?
と一抹の不安を抱えながらも、今回はそんなグラファイトデザインの中で、マウンテンバイクのクロスカントリーをターゲットにした「DOKKE XC」をインプレッションする。
言葉は悪いが見た目は「昔ながら」、「普通」といったこのドッケXC、ブランドポリシーの一つである「奇をてらわず、時流に流されずに常に本物を追求するブランド」とあるように、見てくれよりも走りを追求している事がわかる。ライダーがトレーニングの成果を最高のパフォーマンスで発揮するためならば飾りは要らない、
質実剛健を追い求め、まるで侍のような信念がグラファイトデザインにはある。次回はJシリーズのレースで使用したインプレッションを届けたい。
 
 

report:小笠原崇裕(Takahiro Ogasawara)
photo:The Bike Journal
date:12.10.31