クリス・ホーナー、イヴァン・バッソに反論 前編

日本史上最強のロードレーサーは誰か?この質問に「日本生まれ」と言う所まで解釈を広げると、答えはこの人だろう。沖縄生まれのアメリカンヒーロー、クリス・ホーナーだ。サターンやアスタナを経て、現在はレディオシャック・レオパード・トレック(RSLT)で走る2011年のアメリカ最高峰のレース、ツアー・オブ・カルフォルニアの覇者。
現役ペロトンで最年長級の選手にして、アメリカ選手としても最強レベルのクリス・ホーナーは、イヴァン・バッソの食事・トレーニング・ポジションを聞いてどう答えたのだろうか?「クリス・ホーナーの語るプロロードレーサーの食・トレーニング・ポジション」についてインタビュー形式で紹介したい。

難波 ー今日はお忙しい所、インタビューに答えて頂いてありがとうございます。THE BIKE JOURNALでは昨年「イヴァン・バッソの食事、トレーニング、ポジション」と題して、イタリア最強選手の1人である同氏の食事について聞いてみました。まずはそのインタビュー文の英訳を用意したのでこれに目を通してみて頂けますか?

クリス・ホーナー ーなるほど。ふむふむ。(笑)

難波 ー塩茹でプレーンパスタについては、多くの日本人が衝撃を受けたのですが、クリスさんも毎日塩茹でパスタなのですか?

クリス ーまず最初に言っておくと、私は普通にファストフードを食べる。最近は年齢も年齢なので回数は減ったが、若い頃、20代の頃は本当に良く食べていた。

難波 ーなるほど。どのくらいの頻度で食べていたのでしょうか?

クリス ー週8回ぐらい。朝はハンバーガーで、練習後にも、マクドナルド、タコベル、ダンキンドーナッツなどを食べていたので大体そのくらい食べていた。最近は週3回、4回食べるぐらいかな。

難波 ー驚きました・・。

クリス ーだって、練習する日は200km走って5,000kcalぐらい消費するんだから食べないと痩せてしまうだろう。だから食事に関しては何でも食べる。栄養価の計算された食事も勿論摂るが、ファストフードも好きなので大事なレース、例えばツールの直前なんかでなければ普通に食べている。練習が辛いのだから食事ではストレスを貯めない方がいい。その方が成績が出る。特に若いうちは何を食べても大丈夫だ。

難波 ーオンシーズンとオフシーズンでは当然食事が変わってくる訳ですよね?例えば、ツールの期間中はどんなものを食べているんでしょうか?すべての食事をチームの栄養士が管理しているのでしょうか?

クリス ーツールの期間中はコーラは一日8本ぐらい飲む。カロリーが高く、即効性があるので補給、リカバリー飲料として優れている。これは冗談ではなくて本当だ。それだけ飲んでも基礎代謝と組織の回復に要するエネルギーを入れると10,000kcalぐらい消費しているので、食事もきっちり摂って行かないと3週間のレースで仕事をしきれなくなってしまうので、食事に関しても食べたいものを食べる。それでもツール中は体重が減ったりする。栄養士による管理なんてのはないね。自分自身でも基本的な栄養学の知識はあるので、それに沿って食べたいものを食べている。肉も食べるし野菜も食べる。もちろんパスタも食べる。ステージレースが中心の自分のレース中の食事はそんな感じかな。

難波 ー気にする所は気にするけど、食べる時は食べる。という事でしょうか。

クリス ーそうだ。オフシーズンには大体4-5kg体重を増やすようにしている。ある程度身体に脂肪を蓄えていた方が練習効果も高く、体調も良いからだ。

難波 ー食事とは少々話が逸れますが、オフシーズンはどんな事をしているんですか?お住まいは、アメリカ北西部のオレゴン州ベンド市だと伺っていますが。

クリス ーオフはあまりロードバイクに乗らない。

難波 ー何故ですか?

クリス ーまず、ベンドは雪が降るので冬に自転車に乗るのに適していないというのもあるが、それ以前にオフは自転車以外のスポーツを取り入れて、カラダ作りに励んでいる。ロードバイクだけに乗り続けるより、色んなスポーツをやった方が楽しいだろう。オンシーズンにはロードバイクでお腹いっぱいなぐらいに乗れるのだから。

難波 ーごもっともです。具体的にはどんなスポーツに取り組んでいるのですか?

クリス ー多いのはトレイルランかな。ただし運動強度はそんなに高くなく、トレイルランとトレッキングの間のペースで比較的長い時間愛犬と一緒に山に走りに行く。あと、雪のない時はローラースキーに乗る事が多い。ローラースキーは全身運動になる上に故障の心配もないのでロードレーサーのオフトレーニングとしてはお勧めだ。あとはウェイトトレーニング。

難波 ーオフシーズンは全然自転車には乗らないのですか?

クリス ーそんな事はない。大体朝は1、2時間程度は自転車に乗ってカラダがペダリングを忘れないようにしている。休憩と昼食を挿んで午後は山に行ったり、ローラースキーをやる事が多い。

難波 ーそうして短いオフが終わり1月に入るとトレーニングキャンプが始まるのですが、その辺りでは食事、トレーニング共にどのようになっていくのでしょう?

後編に続く


クリス・ホーナー(CHRIS HORNER)
国籍:アメリカ
1971年10月23日生まれ
身長178cm
体重66kg
主な戦績:
2002-2004全米ナショナルランキング総合1位
2010バスク一周総合優勝
2010ツール・ド・フランス個人総合9位
2011ツアー・オブ・カルフォルニア総合優勝
2012ツール・ド・フランス個人総合13位
 
 

interview:Kenji Nanba
photo:The Bike Journal
date:13.3.01