3大ブランド旗艦ロードバイク徹底比較 Vol.2

前口上をご覧でない方は、こちらを先にご覧ください

難波ー Madone7、S-Works Tarmac SL4、Supersix EVO。皆が気になっているであろうこの三台を横並びで比べてみた。海外メディアではこういう企画を良く見るけど日本では余り見ないよね?

小笠原ー 色々しがらみがあるのか、やりたくてもやれないと言った方が良いのかもしれない。

難波ー 横並びで並べて同時に乗るっていうのはやった事がなかったので、個人的にも非常に興味があった。ちなみに通りすがりの人も流石に興味があったのか話しかけられたりもした。

小笠原ー 企画の内容を聞いて、「それは踏み絵ですね。。。」とか言われてましたが。正直言って、これは日本の自転車メディアの不可侵領域であるので、これをやってしまうという努力というか度胸は読者の皆さんも解って欲しいような。。

難波ー 乗れば結局解るんだし、みんな興味があるんだからやった方が良いと思うんだけど。

小笠原ー ちなみに3ブランドとも自社の製品に自信があるのか企画自体には色々前向きに協力してくださった。

難波ー 正直言って問答無用のアメリカントップ3ブランドなので、乗り比べる前から3台ともどれを買ってもダメって事はあり得ない。全部最強。最強の上で、どう違うのか。そこが気になったので比べてみた。もちろん単体では全部乗った事があった訳だけど、結果的には3台同時に乗り比べてみるとこうも違うかねというのが見えて来た。

小笠原ー 3星レストランの味付けがどう違うのか。そういう話に近いと思う。
じゃあ、続きはそれぞれディーラーで試乗して自分で考えてくださいということで。笑

難波ー 冗談はさておき、どれから言ってみましょうか。

小笠原ー ローンチ時期が古い順から行くのが順当ですかね?

難波ー とするとS-Works Tarmac SL4(以下SL4)。もう3シーズン目に入っているのでいつもの展開で行くと今年がモデルチェンジイヤー。

小笠原ー 
日進月歩の世界にあって3シーズン目のSL4はどうなんでしょう。9セット程ホイールを組み替えて試乗した結果は最後にまとめるとして、まずはバイク単体として標準スペックのホイールを履いてどうなのかを語ってみましょう。

難波ー まずね、最初に言っておくと読者の人も知っているかどうか解らないんですが、もの凄く硬いバイクとされてるんですよ。スペシャライズドのカタログにも、史上最軽量・最高剛性っていう単語がやたらめったら登場してくるし。実際、デビューしたての頃に乗った事があってもの凄くヘッド周りが硬かった記憶がある。自分が持っているSL2と比べても桁違い。こんなに硬いバイクはターマックSL4とドグマ2ぐらいしか知らないって言うぐらいに硬かった。

小笠原ー 硬いと言えばあとはルックのカーボンピスト。自分はSL4に乗るのはこれが初めて、正確には今回比べる1週間前に乗ったのが初めてでしたが、他の自転車雑誌のライターさん達の記事を読んでいて軒並み硬い硬い、ケツが割れるとか二の腕が痛いとか書いてあったので、どんなもんかと恐る恐る乗ってみた。するとですね。

難波ー すると?

Vol.3に続く