TREKがMadoneシリーズをマイナーチェンジ

ツール・ド・フランス開幕を控えた本日、TREKが2014年モデルのMadoneシリーズをマイナーチェンジして発売すると発表した。
2013年モデルとの変更点は、フレーム単体で25gの軽量化(フレームサイズ56cm、U5 Vapor Coatカラーでフレーム重量725g)。チェーンステイ形状を変更する事で、前後剛性のバランスの最適化を行ったと言う。

「ライドクオリティー」、「パワー伝達効率」、「リアブレーキの制動力」の向上に大きく貢献したという14モデルMadoneはMadone7が完成車ベース価格 ¥615,405~、フレームセットべ―ス価格 ¥483,000~。Madone6シリーズが完成車ベース価格 ¥508,200~ 、フレームセットべ―ス価格 ¥420,000~。既にTREKオフィシャルサイト上のプロジェクトワンでカスタムオーダーが可能な状態になっている。同時にRadioshack Leopard TREKのツール用バイクの新カラーも発表された(写真)。

またDomane 6には大きな変更は無いが14モデルの価格も同時発表され、完成車ベース価格 ¥506,100~、フレームセットべ―ス価格 ¥404,250~。

ツールを走るRadioshack Leopard TREKのメインバイク2機種の14年モデルについて発表されたわけだが、気になる点は何故かSPEED CONCEPTの14年モデルが同時発表されなかった点だ。TTバイクのモデルチェンジスパンは大体3年ごとに行われているが、2010シーズンにデビューしたSPEED CONCEPTは既に丸3年を経過している。このツール期間中に何か発表があるのか?

チームTTは7月2日の第4ステージ、個人TTは7月10日の第11ステージと、7月17日の第17ステージである。選手のバイクに注目してみたい。
 
 


report:Kenji Nanba
photo:TREK
date:13.6.28