LEXUS NXB CONCEPTのエクストリームとは

 本日開幕した東京モーターショーにて、LEXUSがエクストリームコンセプトバイク、LEXUS NXB Conceptを発表した。エクストリームとはなんぞやの前に、一言言いたい。LEXUSは本気だ。

 何故本気なのかと言うと、F SPORTロードバイクに続くLEXUSバイク第2弾としてこのNXBコンセプトを市販化する気でいる。単なるデザインスタディやコンセプト提案バイクではなく、一級のスポーツバイクと張り合える性能を構造解析上の結果として得た上で、このデザインだという。

 前回のF SPORTロードバイクはOEM設計のフレームにLEXUSらしさを付加したものだったが、今回のNXBは前回とは本気度合いが桁違いだ。ゼロからLEXUSデザイン室と開発センターで設計したフレームだけでなく、フロントフォーク、ハンドル、タイヤなどに専用品が採用されている。



 特に注目すべきはタイヤ。LEXUSのスピンドルグリルをモチーフにしたというのは、少々やり過ぎ感があるがIRCと共同開発したアーバン向けトレッドの専用タイヤとなっている。つまり金型から作ったということだ。

 ちなみに倒立フォークはカヤバ製でインナーチューブにはDLCコーティングを施しており、メインコンポはSRAM XX1、ホイールはXENTIS KAPPA2にクリア塗装を施しており、ブレーキはMAGURA。


 同じく東京モーターショーでアジア初公開となったLEXUS RXよりもスモールサイズのクロスオーバーSUVコンセプトLF-NXのライフスタイルを表すバイクというコンセプトで作られたNXB(Neo Xtreme Bikeの略)の世界感は名前の通り、エクストリームな走り。

 例えば、オンロードレーシングカーのコンセプトバイクなら本気のTTバイクだったり、オフロード4WD車のコンセプトバイクならDHレーサー、グランツーリスモ(GT)ならモダンなスポルティーフとなるのかもしれないが、LF-NXのようなエクストリームな走りを持つ都市型SUVのコンセプトバイクとなると話は難解だ。アーバンからライトクロカン、高速巡行までをこなすバイクと言う事でLEXUS内部の自転車フリークが頭を捻って考え出した結果がNXBだ。

 何に使うの?と言う人も居るだろうが、LF-NX同様に使い道は自分で考えるべし。と言うのが答えになるだろうか。超前衛的なスタイルにオンロードでもオフロードでも尖った走りを詰め込んだ本気スペックの非レーシングバイクである。

 モーターショー会場で、話を伺ったのはLEXUSデザイン室の上浦 晋さん(写真右)。上浦さんはLF-NXのデザインも担当されており、相当のバイクフリークでもある。

 およそ50ページ程もあろうかというコンセプトや設計図を観ながら30分程話を聞くと、感銘を受けたのはLEXUSは既存の自転車ブランドとその開発力を甘く見ていないどころか非常にリスペクトしているという事だ。

レーシングバイクとしての軽量、高剛性、快適性のバランスを追求するなら100年の歴史を持つ前三角、後三格を持ったフレーム形状の優位性は理解しているし、真っ向勝負でレーシングバイクの御三家と勝負するバイクを作れるほど簡単なものでもない事、そしてUCIルールで規制される前のファニーバイク(今で言うTTバイク)やTREKのY-FOIL、ロータスバイクなどの事ももちろん解った上で、LEXUSならではのアイデンティティーとライフスタイルを追求した新カテゴリーの自転車を創り出したという。

 LEXUS企画部とデザイナーの上浦さんが、新しいコンセプトの自転車を作り上げるに当たって既存のスポーツバイクをセグメント化して考えた結果、横軸にトラディショナルとエクストリーム、縦軸に固定ポジションとフリーポジションというセグメントが考えられた。メモを元に図に書き起こすとこう言う事らしい。

 筆者自身も常々、街乗りはセミスリックを履いたハードテイルMTBが楽しい、しかも29erの巡行性があった方がベターと叫び続けて久しいが、MTBにセミスリックで都市を駆け抜けると誰もが一度は考えつく、通常の26ハードテイルよりはもう少し長めのホイールベースがとか、ハンドルをもう2cm下げたいがライザーバーをひっくり返して付けたのではカッコ悪いとか、アーバン用なんだからTTバイクみたいな形状のバイクがいいとか、そう言った既存のMTBベースでは不可能なマニアが望む究極の非レースバイク。それでいて高速巡行もかなり速い。というモノを具現化したら、どうやらこうなったということらしい。




そして、そのコンセプト通りの形状にLEXUSデザイン部が本気でデザインするとこうなった。「実車を一回りぐるっと観て頂けると、既存の自転車にはない立体的な造形がお解り頂けるかと思います。」と上浦さんが語る通り、一回り観なくても一目見てぶっ飛んでいる。

「今までの自転車の中にも、横から見て素晴らしいという自転車は多数ありますが、NXBでは3次元的に眺めた時に今までと違うと感じて頂けるデザインを実現出来たと思います。スクエア形状のリア3角から有機的な形状のメインチューブへとつながるラインなどは、LF-NXと共通のテーマで仕上げました。」というコメントの通り、エクストリームな造形美が感じられる。

 LF-NXは、おそらくそう遠くない将来に市販車が発表されるだろうが、NXBの市販車がその横に並ぶかどうかは東京モーターショーでの反響が決めるという。個人的には市販化されたら是非乗ってみたい、そして走りが良ければ1台コレクションに加えたい、NXBはそんなバイクであった。

「エクストリーム???」と思っている諸兄も是非東京モーターショーに足を運んで実車を一度観て頂きたい。かなりの人が、この挑戦を面白いと思う筈だ。

report:Kenji Nanba
photo:The Bike Journal
date:13.11.21