GARMINがEDGE1000を発表
 
DSC08168
 
シーオッタークラシックに合わせてGARMINがEDGEシリーズの最上位モデルとなるEDGE1000を発表した。主なアップデートは、画面の大型化、高照度化、CPUの高速化、スマートフォン連携の強化、サイクリングナビゲーション機能の強化、シマノDi2との連携、画面の水平表示対応。

EDGE800シリーズと比べて一回り大きく、若干薄くなった本体は、プロトタイプ機を触ってみると従来に比べて大幅にレスポンスが良くなっている。iPhone3GSが5Sになったぐらいの進化と言えば解りやすいだろうか?
 
DSC08160
 
スマートフォン連携機能では、SMSやeメール、SNSメッセージの着信をスマートフォンとリンクしておく事でEDGEの画面に表示出来る。なお返信には非対応。

シマノ Di2との連携機能では、ギア位置やバッテリー残量などが画面に表示される。画面の大型化に伴い表示項目数が多くなった事も特徴。なお、北米価格は従来のEDGE810比で20%程度高くなり、EDGE810も継続販売される。
 
 

report:Kenji Nanba
photo:The Bike Journal
date:14.4.13