この夏行きたい自転車天国Best10

いよいよ8月。夏本番。異常気象で意外に暑くないけれど、この先は気象庁の長期予想では9月まで残暑が残ると言う。
お盆休みを控えて、一体私達はどこに向かうべきなのか?The Bike Journalではこの夏を一生忘れられない夏にすべく、夏休み中に訪れるべき10の自転車天国を選んでみた。長期休暇で訪れるべき自転車天国から、週末、もしくは日帰りで行ける天国までの楽園を紹介する。

1 北海道:ニセコ周辺

言わずと知れた国内最大級の国際スノーリゾートニセコ。東京からフライト100分の新千歳国際空港から西に約2時間30分。半日あれば到着出来る国内最高の自転車天国がニセコだ。自転車を楽しむためのフィールドと言う意味では、世界…..続きを読む

2 新潟県:佐渡島

佐渡1周のロングライドやアイアンマン(正確にはアイアンマンではなくて佐渡国際トライアスロン)で知名度の高い佐渡島は文句無しにサイクリスト…..続きを読む

3 長野県:渋峠

ちょっと年配の人なら映画「私をスキーに連れてって」と聞くと青春の淡い思い出が蘇るだろう。今日の自転車ブームのキッカケの一つを作ったと言われる映画「メッセンジャー」と同じホイチョイプロダクションの作品である事は…..続きを読む

4 福島県:磐梯吾妻スカイライン・浄土平

大震災と福島原発の影響が響く福島県であるが、ここは一つ自転車から福島を盛り上げよう。という話を抜きにしても、ロードバイクに乗るのなら一度は訪れてみたい秘境スポットが磐梯吾妻スカイライン・浄土平だ。標高70mの福島市から…..続きを読む

5 沖縄県:沖縄本島北部

「沖縄本島の夏なんて、暑過ぎて自転車なんか乗れる訳ない。」という読者も居るだろうがその通り。が、ファミリーを持つ日本のパパとしては、子供が沖縄に行きたい(?)と言ったら連れて行くのがカッコいい父である。暑さは…..続きを読む

6 長野県:乗鞍高原

乗鞍。舗装路で上れる日本最高地点。2712m。この地を知らずして、The Bike Journalを読んでいる読者は極少数と思われるが、言わずと知れた「乗鞍ヒルクライム」(正式名称:全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)の開催地…..続きを読む

7 埼玉県:奥秩父

そんな遠くに遊びに行ってる暇はない。という人にお勧めなのが奥秩父だ。秩父市から奥に入った峠道は自動車も殆ど通らず、真夏の東京よりは全然涼しくて走り易い。それでいて、十石峠を総本山とする峠の数々は、必要十分以…..続きを読む

8 千葉県:房総半島南部

本来夏の房総半島南部は、海水浴客で溢れているが今年は原発の件による風評被害で海水浴客が少ない。となると冬季のシーズンと同じく南房総が、関東近郊でも指折りの自転車天国として考えられる。まさにこの夏限定。と言っても良い…..続きを読む

9 アメリカ合衆国:サンフランシスコ近郊

この夏は、海外へ!でもまだエアーは手配していない。しかも、行った先ではサイクリングしたい!という人に、一番オススメのスポットはドコですか?と聞かれ…..続きを読む

10 アメリカ合衆国:サイパン島

成田からデルタ航空に乗って僅か3時間で常夏の島サイパンへ。日本ではなじみの深いサイパンだが自転車天国だということは意外に知られていない。気温は30~35度ほどと気温は日本の真夏をイメージ…..続きを読む
 
 

文:Kenji Nanba,小笠原崇裕,編集部 写真:Kenji Nanba,小笠原崇裕