2015旗艦ロードバイク5×5選 Vol.5

Vol.1を読む

00000032_l

小笠原ー フォークの話から繋がりますけど、GIANTのDEFY ADVANCED PRO 0ですね。

難波ー それはフラッグシップじゃないしという声が聞こえそうですが?

小笠原ー 本国にはデュラエース仕様があるんですが、日本には入っていません。なのでアルテグラDi2仕様のDEFY ADVANCED PRO 0が日本におけるフラッグシップと言うことで。

難波ー なるほど。

小笠原ー デュラの方も乗る機会があれば是非乗ってみたいですね。フレームも違うし。

難波ー これが5台目に入って来た理由はフォーク?

小笠原ー そう。これに乗ったときに思ったのがフォークの出来がもの凄くよかったんですよ。ディスクロードのフォークの中で一番良いかもしれないと言うぐらい良かった。

難波ー エンデュランス系のバイクってジオメトリー的に上手い人になればなるほどフォークに軸を置いて乗ることになるんで、フォークの重要性が増してきますしね。

小笠原ー 変な癖もなく、剛性あるし、振動もしっかり吸収してくれる。

難波ー フレームもスススーっと進むでしょ?

小笠原ー ゴンゴンゴンじゃなくて、スススーのヌヌヌーと進む。あの値段は脅威ですよ。幾らでしたっけ?

難波ー 完成車で45万円ですね。シマノの油圧ディスクにアルテグラDi2も付いてですから、装備に抜かりがない。

小笠原ー レースやらない人はこれ一台持ってれば十分過ぎなんじゃないかとすら思いますね。特殊径のステアリングコラムっていうのが本当に効いている。

難波ー 世の中のツーリストの中にはDEFYしか乗らないDEFY党の人が存在していますが、気持ちは解りますね。

小笠原ー キャリパーブレーキの時よりも明らかに完成度を増してますし、GIANTが今年のカーボンDEFYはディスクブレーキしか導入しないって聞いたときには驚きましたが、商品開発の人の選択は正しいと思いますよ。ディスク仕様を選ばない理由がない。

今までのDEFYとは1レベル、2レベル一気に上げてきましたね。脅威です。

難波ー 確かにその通り。

小笠原ー ということで、まとめると私はスペシャライズド・新しいターマック、メリダ・リアクト、デローザ・スカンジウム、キヤノンデール・シナプスハイモッドディスク、ジャイアント・DEFY ADVANCED 0。

難波ー トレック・エモンダSLR、スペシャライズド・ターマック、CANYON AEROAD SLX、LOOK 795AEROLIGHT、ピナレロ・ドグマF8。

小笠原ー ということで、気になるバイク5選でした。

難波ー 5×5台。合計で9台になっちゃいましたけど、機会があれば横並びで比較試乗してみたいですね。

 

talk:Kenji Nanba, Takahiro Ogasawara
date:15.3.13