YAMAHA YPJ-Rはロードバイクを革命するか?

_DSC4822

1993年に世界で初めて電動アシスト自転車を量産車として売り出したヤマハから登場するPASとは別の新しいブランド名を与えられた電動アシストスポーツバイクブランド「YPJ」(ヤマハ・プロジェクト)。

その第一弾として登場したYPJ-Rは、ヤマハが欧州e-BIKE向けにジャイアントやハイバイクなどの各社にユニットとして出荷している「PWユニット(クランク合力式、最高出力240W)」をベースに、日本独自の企画でフレーム、システムのチューニングを行いロードバイクタイプの完成車だ。

「ロードバイクのあり方を変える。」と銘打って登場したYPJ-Rだが、果たして自転車エンスージアスト目線で見るとどのように見えるバイクなのだろうか?電動ユニットの形式認定が取得出来ていないため、クローズドコースでの試乗となったが、早速YPJ-Rを試すことが出来たのでレポートする。

まず簡単にバイクの全体像を紹介すると、ヤマハ独自の設計によるアルミフレーム&アルミフォーク、シマノ105をブレーキにまで装備したロードバイク。

_DSC4855

ドライブユニットはクランク部分に装備され、バッテリーは見ての通りダウンチューブ上部にマウントされる。キャリパーブレーキに、2×11速、前後クイックリリースは一般的なロードバイクそのもの。ステム上部に装備されたメーター部とコントロールスイッチでシステムを操作するという仕様だ。

_DSC4863

特徴的なのはドライブユニットの軽さで、ドライブユニット全体で約3.5kg。バッテリーは540gと電動アシスト自転車としては存外に軽いが、同時に容量も25.2V×2.4Ahと非常に少ない。ドライブユニットとバッテリーを軽量化したことで、「アシストがない状態でもロードバイク本来の楽しさが味わえる走り」を目指したという。ちなみに車重はバッテリー込みのXSサイズ(YAMAHA表記、一般的なロードバイクではS/Mサイズ)で15.2kgとなっており、航続距離は一般的な電動アシスト車のテストサイクルでアシスト量最高の「HIGH」モードで航続可能距離は14kmという。

思わず、「航続距離14kmではスポーツ走行も何もないでしょう。」と聞いてしまったが、商品企画担当の鹿嶋泰広氏によると「実際の走行ではアシスト出力が速度が上がるにつれて低減していくので、航続距離はかなり長くなります」という。

果たして、その走りは本当に「ロードバイク」で、ロードバイクとして走れる航続距離を持っているのだろうか?全周1.5km、1周標高差30m弱のコースを20km程走ってみた。

Vol.2に続く




report:Kenji Nanba
photo:The Bike Journal
date:15.10.2